奇跡よ起これ・・・

b0168041_7472189.jpg

以前、山平さんからご紹介を受けたマガジン「Agrizm」(アグリズム)-㈱農業技術通信社-です。瓦なんかとはその業界スケールが違うと思うのですが、将来が不安、夢や希望が持てない、跡継ぎがいない・・・など瓦業界と同質の悩みを抱えています。しかもそれは年々深刻になり、このままでは中・長期的にこの国の伝統・文化はもちろん、リアルに食糧自給率等にも大きく影響しかねません。そういった現状を打破すべく立ちあがったのは全国の若手農業家の有志たちです。将来的に皆の求心力たり得るバイブル的存在の雑誌を作ろう・・・そんな想いがカタチになりました。
b0168041_749924.jpg

アグリズム媒体資料を読んでみて→)農業をカッコよく生きる人たちを取り上げ、まずその例えば対外的イメージの払拭と、農業家たち自身のモチベーションの向上などを目的とし、また有名人との対談にコラムにとなかなかその充実した内容に驚きました。
b0168041_750085.jpg

反響は大きく(農業の衰退はおそらく根源的社会問題ですからね)、やはりここ日本においてはもう一度この第一次産業の台頭が望ましくあり、またそうしたアイデンティティーそのものを失いかけない現状を受けた国民の危機感の表れかも知れません。

固定観念からくる農業に対するマイナスイメージは、やはり今なお現代人にとって色濃く感じられるのが現状です。だけど「カッコいい農業を生きているヤツはいる」「シビレル農家は存在する」ことを堂々伝えたく・・・。本人たちからすれば、若いからこそ(いや、いくら年を取ろうとも)本心では「農業ってカッコいい」・・・とみんなから思われたい、また自分自身もそう思いたいはずである。

そのためにその皆の自信の源泉となるような‘カッコいい’農業家等を紹介・提案することによる業界人のモチベーションの維持・向上と、さらには広く一般人に対する農業への肯定的イメージの普及を目指すのがこの雑誌です。

瓦に置き換えても同じことが言えますね。皆、遣り甲斐をもって仕事がしたい、自己の拘りを認めてもらいたい、憧れの職業(存在)でありたい・・・人間ですもの、だれもが自信・誇り・色気を持つことに憚るはずはありません。瓦業界でもこういったバイブル的冊子・雑誌がほしいですね。瓦も失ってはならない日本の誇りのはず!!全国の若い瓦師(瓦葺き職人)たちのこんな想い・・・この農業家たちのように結集すれば大きな波となり得るはず。何かしらきっかけやご縁がないものか・・・。新聞社・出版社・有名人・・・etc.などご理解いただくスポンサー的存在は現れないか・・・。

                   日々を生きるのに精一杯な多くの日本人の一人、瓦人のつぶやきです。

昨晩、遅くなった仕事の帰り、どこか胸騒ぎのようなものがあったかなかったか・・・何気に空に向かって構えたカメラに奇跡が写りました☆矢印の先、かすかに見える光の筋は・・・やっぱ流れ星かな?(ん~、見にくい)さて、想いは届くかな(笑)
b0168041_7502684.jpg

↓ カチッと押すだけ、お願いしま~す。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-03-27 18:18 | 瓦人 | Comments(10)
Commented by ケータロー at 2009-03-27 22:34 x
日本の吹けば飛ぶような食糧需給率を考えるとぞっ!っとしますよね。
すばらしい試みです!私も是非読んでみたいです!

しかし、本当にいっぺん読んで欲しいのはアラフォ~に一歩手前のおっさんではなく
、無限の可能性を秘めた20代の方達ですよね。

いえいえ、俺らもまだまだって・・・?(笑)

最後の一枚の奇跡に願いを込めて♪
Commented by amachan at 2009-03-27 22:42 x
最近では企業が田や畑を購入して管理するケースもあるようです。
物流や生産数を管理してコストに活かそうとする試みかと・・・

そんな中で将来のために立ち上がる農業の若者たち。
飽食が問題となる現代で、考えるとぞっとする日本の自給率。

これから生きる為に何をしなければいけないのか。
我々も含んだ若者たちがもう一度考えないといけませんね!

そのために現実をもっと知らないといけませんが・・・
Commented by 瓦人 at 2009-03-28 06:47 x
ケータローさん
紀伊国屋オンラインで買えますよ。500円ほどで。
是非読んでみてね。なんなら定期購読も(笑)
最後の一枚分かりました~?
見えたあなたにも奇跡が起きると思います☆
Commented by 瓦人 at 2009-03-28 06:54 x
amachanさん
これからは農業の時代です。
汗にまみれてお日様ののもと働くのがやっぱ人間にとってはイイのかな?
こんな冊子、ほんと瓦業界でも欲しいです。
瓦業界の今までの冊子って、耐震とか重い・軽いとか、一般人にとって訳の分からぬデータを羅列して、一体誰が見たいって思うのでしょうか・・・。業界人の瓦人でもまったく興味がわきません。
やっぱ次代の感性がリードする時期です。
瓦業界の若者たちも立ち上がる時ですね♪
Commented by 南海荘 at 2009-03-28 09:30 x
レンコン3兄弟の蓮根、この笑顔を見るとめちゃ食べてみたくなりますね!いい顔されてます!
瓦人さんとトラック野郎さんのカワラ2兄弟も、負けてはいられませんね~!
活気が伝わるいい本!ほんと瓦業界にも是非~!

で、私にも見えました!希望の☆!
Commented by 瓦人 at 2009-03-28 11:46 x
南海荘さん
ほかにもいろんな、「イケてる農業家」が取り上げられていますよ~。
食材を扱う料理人としては、要チェックですよ~♪
瓦人ブログを本にすれば売れるかな?(笑)
Commented by のり姉 at 2009-03-28 12:04 x
日本の自給率がどんどん下がっていますね。都会の学校でも農業実習など義務づけて欲しいくらいです。きっと体験した子の中には
農業を楽しく将来の仕事にしたいと思う子も増えるような気がするのですが。でも、農家が大変な割に暮らしが楽にならないのはやはり、国がもっと農業を支援していかないとダメでしょうね。
オーストラリアは?とネットで調べたら265%でした。ス、スゴイ!
でも、味や質はおおざっぱというか八百屋に並ぶ野菜は日本のような美しさではないですが、でもそんな不揃いな野菜が好きです。
日本の野菜は見た目ばかり気にして、農家がそのためによけいな労力を使っている事も最近知りました。
農業を営む方を尊敬します!頑張れ~!
Commented by 瓦人 at 2009-03-28 12:40 x
のり姉さん
熱いコメントありがとうございます♪
教育も農業行政もそろそろ・・・てか、いい加減制度疲労ですよね。
農薬漬けによる均質・均等・安定供給を目指すのもいいけれど、いろんな弊害を無視していては、この先はありませんよね。

オーストラリア、すごいですね~。さすが‘大陸’・・・。
日本は、土地と資源は確かに少ないですが、「人財」という世界一の宝は豊富にあります。その人財が知恵と勇気をしぼってなんとかならないものですかね~。
日本は農業が主役です。同じく、頑張れ~!
Commented by 山平 at 2009-03-28 15:47 x
もう届いたんですねぇ!!!
羨ましい!
僕はお茶農家からの郵送待ちっす・・・・

瓦業界だってやれるはずです!!
若手で未来考房の名の元に集まって盛り上げていきましょう!

瓦職人だってカッコイイんです!!!
Commented by 瓦人 at 2009-03-28 16:39 x
山平さん
あれ、お先に失礼しちゃいましたか~?
これマジで、構成から何からシブイですよ~。
瓦業界もマネできそうです。
若手が結集して未来を考えることができたらイイですね~。
この間のグランプリではありませんが、瓦職人はめっちゃカッコええですからね。
もっと広く世間に知ってもらいましょう。
<< さすらいのトラック野郎 撃たな... さすらいのトラック野郎 いい音... >>