「和」とは・・・

b0168041_19115915.jpg
昨晩、料理人の南海荘さん若潮さんとでお馴染み阿波の日本料理「夏見」さん(←必見ブログ)へと・・・。玄関前に立つと、この年になってもまだ‘心躍る’数少ないお店の一つです。その感性揺さぶられるチカラの源泉は何か・・・まだまだ数限りなく秘められたその宝石たちをしまってある引出しを、今日もまた一つ一つとのぞかせていただきに参りました。
b0168041_1917263.jpg
b0168041_1924288.jpg
あえて・・・店主と向き合い、その込める‘想い’を余分に味付けしてもらうためにカウンター席へと・・・。ここにも、そのお心遣いがありがたい「瓦のある風景」が・・・。料理を語るのは南海荘さんにお任せして、その達観さえ感じさせる日本料理の粋をご覧ください・・・。
b0168041_1925873.jpgb0168041_19252096.jpg











b0168041_19255466.jpgb0168041_19262468.jpg











b0168041_19301893.jpgb0168041_1930303.jpg











b0168041_19345329.jpgb0168041_19351893.jpg











b0168041_1935531.jpgb0168041_1936216.jpg











b0168041_1936254.jpgb0168041_19363727.jpg











b0168041_1937672.jpg
b0168041_1937664.jpgb0168041_19372041.jpg











b0168041_19401620.jpgb0168041_19402842.jpg











b0168041_19405476.jpg
尽きることのない未熟者同志たちの会話に付き合っていただき、夏見さん本当にありがとうございます。みな互いに、ある意味で日本らしい文化の担い手としての職に就いている身・・・建設的な会話は改めて「和」への求心力を高めてくれました。「本物」・・・このかけがえのない日本の宝物たちへと理解を示す国柄への回帰に想いを馳せ、一献また一献と酒はすすむのでした。またお邪魔します・・・日一日とそんな国柄を確実に取り戻しつつあることが期待できるまた次の季節に☆
皆さんもぜひその暖簾をくぐってみてください・・・
日本料理 夏見
徳島県徳島市川内町平石若宮189-8 〒771-0137
TEL:088-665-7815/FAX:088-665-7816
営業時間:午後12時~2時/午後6時~10時
定休日:不定休
↓ 今日もカチッと押すだけでけっこうです。日本文化の応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ




余韻にふける春の夜・・・そんな瓦人の次の日(本日22日)はなんとトラック任務!!
ということで、睡眠3時間(笑)のまま讃岐の葺き替え現場へと!!なぜか眠気もなく無事任務完了で~す☆
b0168041_202888.jpg
こちらは建設会社さんの広~い敷地・・・社長宅の母屋の一部を葺き替えするそうで、その敷地内に置いた5つの木製パレットに‘変則小分け降ろし’です♪ 何とか今日もまた一軒いぶし瓦の屋根が出来そうですね。ありがとうございま~す☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-04-22 20:06 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎 温泉行... さすらいのトラック野郎 急がば... >>