第3回火入れ式・・・そこにはまた一つの物語が。

-all photos by さすらいのトラック野郎 with EOS50D-
b0168041_1726163.jpg
地固めるには十分すぎるほどの雨・・・
そんな大自然の恵み降りしきる土曜日、この小さな瓦工場でまた一つの物語が生まれました。
b0168041_17461662.jpg
土から生まれる瓦・・・大自然の恵みを頂くことへの感謝の気持ちを皆でまず共有し、火入れの儀は始まりました。コンセプト唱和・・・こちらは見学者の方たちも含め、その場に居合わせる全員で声を揃えます。
b0168041_17482973.jpg
瓦のパウダーを溶いての書・・・
b0168041_17501256.jpg
b0168041_17502742.jpg
b0168041_17504520.jpg
「家族」・・・家づくりに込める想いをこの二文字に託されました。何気に感動した瓦人です。
b0168041_17522959.jpg
ご家族に見守られながら、まだ粘土の状態の瓦に記念日とお名前を彫っていただきます。
b0168041_17532633.jpg
b0168041_18275486.jpg
b0168041_17543830.jpg
↑ 設計士 住心家工房さんも・・・
b0168041_1756471.jpg
↑ 瓦葺き師 しーのちちさんも・・・
b0168041_17571755.jpg
施主様、施工関係業者様、瓦人ら瓦師たち、ご見学者の方たち・・・窯の前にてさぞ様々な想いが飛び交うことでしょう。そんな込める想いたちが絡み合い、混じり合い、偶然か必然か知らぬ間に一本の相通じるものへと収斂され、窯の中の瓦たちへと及びます。今この瞬間の、それこそ神秘的なまでのココロの一体感・統一感をもって、火が入った窯に向かって手を合わし、こうべを垂れる一同です。
b0168041_1881164.jpg
責任をもって焼き上げ、無事現場へと搬入させていただきますので、それまで是非楽しみにお待ちください。皆さま、今日は本当にありがとうございました。

朝早くから、それこそ大雨のなか香川県からお越しいただいたお施主様方々・・・いかがでしたでしょうか?瓦師としての瓦人が込めたメッセージ・・・受け取っていただけたでしょうか?そのほか今日は地元の若い大工さんたち含めたくさんの見学者の方々にも足もとの悪い中お越しいただき、なかでもいつもコメントいただく‘のり姉’さんらご家族の皆様まで、遠くオーストラリアから一時帰国され、昨晩淡路島でお泊りになられたチェックアウト後にわざわざ足を運んでいただきました。あたたかいお言葉までいだたき本当にありがとうございます。皆さんの励ましをチカラに変え、瓦とはこんなドラマティックな素材なんだということを、業界内外問わず、これからさらに発信していきたいと思います。瓦をもってする地に足付けた本当の意味での「日本人お洒落化計画」・・・また一つ、ここにお洒落な物語が始まりそうです☆
↓ 今日もカチッと押すだけでけっこうです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-04-25 18:33 | 瓦人
<< 瓦人のサンデーブログ☆ 進むべき輝かしい道・・・ >>