瓦人のサンデーブログ☆

b0168041_2122443.jpg
~ 一番小さく、一番輝く光 ~  妹夫婦にも先日はじめて赤ちゃん(ニッポン男児)が☆
この手が掴む未来・・・大人たちが守り残すべきものは計り知れなく大きく重く・・・。
b0168041_21413858.jpg
日本らしいイイ世の中をつくってあげたいですね。

それにしても今日の天気・・・空は何かに怒ってる?
b0168041_21462061.jpg
まるで真冬の風貌です。混沌の渦のごとくうねる雲と波のはざ間に立つと、まるでその方向性を見失った漂流船のように、無意識にも唯一の拠り所としての光の‘溜まり’を求めようとします。

刹那の輝き・・・
b0168041_2154661.jpg
日の沈む頃、雲の隙間より時折り射す光に輝く淡路の海・・・。そんな一瞬の煌めきの中にも、僅かでも明日への希望を見い出そうとする日曜日の瓦人です☆
↓ 今日もカチッと押すだけで押してみてください。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-04-26 22:10 | 瓦人 | Comments(8)
Commented by amachan at 2009-04-26 22:39 x
嫁となんて読むのかな~って言ってたんですわ!
読み、意味が分かればいい名前です!

赤ちゃん、子供見ると「大人はがんばらなあかん!」そう思いますね!
でも、無事生まれてなにより。
けひの海さんに行くの恥ずかしいけど、会ってお祝いを言いたいね!
「おめでとうと!」

NEW瓦人アングル全開だすね~♪
Commented by じゅんべー at 2009-04-26 22:49 x
やっぱ、子供は可愛いな~!
リンク先には、幸せいっぱいな写真達が☆
あたたかい気持ちになりますね。

逆に寒そうな風景は、我がふるさと丸山港じゃないですか~!
さむそうやけど、きれい☆
そんな日曜瓦人に一献です!
Commented by ケータロー at 2009-04-27 02:14 x
また、ひとり”おっちゃん”と呼ばれる存在が増えましたね♪
この子らが尊敬してくれる”おっちゃん”であり続けるために
今から道を示しておきましょう!

橋と地平線の湾曲が荒々しい空模様を助長させてますね!
それにしても空の表情を撮るの上手いね!
一枚目の空の母ちゃん似の口元も・・・。(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-04-27 06:57 x
amachanさん
リンク先にもあるように、桜の空と書いて「おうすけ」です♪
ますます大人は頑張らないと…ですね。
今度、サタデーランチかカフェに行ってやってください。
amachanニューアングルレンズ持って(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-04-27 07:03 x
じゅんべーさん
リンク先・・・めちゃめちゃデレデレですね(笑)
新米親・・・あたたかく見守ってやってね♪

昨日はあれだけ寒いのに、唯一瓦人が一日一緒にいる日曜日・・・ちび達が「滑り台~、ブランコ~」って涙のリクエストです(笑)そんな訳で、夕方福良から丸山の公園をハシゴです(笑)弁天島は立ってられないぐらいの強風・・・当然レンズは潮まみれ(泣)ラストは晴海が丘からのズーミングで〆でした~☆
Commented by 瓦人 at 2009-04-27 07:08 x
ケータローさん
おっちゃんパワー・・・炸裂でいきますか~(笑)
ケータローさん・・・地平線ではなく水平線ですよ~。あ、シーッ!!黙ってって?(笑)
でも、やっぱケータローさんも次はこのフィッシュアイ・・・いっとく?
迫力出ますよ~。
ニューケータローアングルに期待です☆
Commented by のり姉 at 2009-04-27 11:24 x
瓦人ちゃん先日は火入れ式を見学させてもらって、私たちも家族も
心に残る思いでができました。瓦に思いを込め、出来あがる瓦はまさに世界に一つだけの「我が家」の瓦になるのですね。
始めて見る瓦の職人さんに私も家族のみんなも惚れてしまいそうな
気持ちになりました。物を作る人は不思議なオーラが出てますね。
何年も雨不足のメルボルンなので、雨が降るとつい「わ~雨だ~!」と喜んでしまいます。
瓦で作られた花器や照明、そして瓦座がほっとする色合いで
素敵です。オープンするギャラリーカフェは淡路島の一つの名所になる予感がします。

赤ちゃんの小さな小さな手に握られた大きな大きな未来。
明るく健康で笑いの絶えない日々でありますように♪
Commented by 瓦人 at 2009-04-27 12:41 x
のり姉さん
いや~、まさかお会いできるとは・・・感激しました☆
こんな田舎の窯元へようこそおいでくださってありがとうございます。
淡路島には僕なんかよりもっと素晴らしい瓦師たちが何百人といます。
みな、文化を絶やさぬため必死に頑張っています。
この町に住まわれるようになれば、それこそご近所さん!!
もっと深く瓦の魅力を、それこそゆっくりと見つけてみてくださいね。
こんな小さな赤ちゃんたちが、少ないながらもどんどん世に生まれています。
この子たちが将来誇れるような町づくり・・・ご一緒に☆
<< さすらいのトラック野郎 暑いの... 第3回火入れ式・・・そこにはま... >>