坐す瓦・・・

b0168041_1955488.jpg
先日瓦人が作った、その表面に土の風貌を残した瓦の一枚プレート・・・花器の台として事務所で控えめに活躍しています。敷かれてこその本分・・・主役をひき立てるその謙虚な立ち位置が、やはり瓦には似合います。スリムなこのスタイル・・・お洒落でしょ☆
b0168041_19574988.jpg
土ゆえのパフォーマンスにより、さり気なく余分な水気を吸収してくれているようで、以外にも実用的なんです。これが一般的ないわゆる有名処の焼き物ならば、その優位性であるはずの「硬さ」により、吸収せず水溜まりとなります。ここ日本においても殊にあたたかく穏やかな気候帯の地方であれば、淡路の瓦はその優しさをもってこんな花器あるいは花器台としてもその存在価値を高めることができます。
b0168041_2064544.jpg
淡路瓦の普及範囲は広く・・・、しかしこの景気、しかも他産地との競合によりそのシェアも縮小傾向です。けれども先のような意味合いで言うと・・・、この優しい淡路瓦の波(屋根)が広がる地域とは、まさしく温暖で穏やかな素晴らしい環境に恵まれた地域だということを如実にあらわしているのです。それはそこに住む人が一番自覚しているはず・・・。こうした肯定的な思考は物事の発展に寄与します。淡路瓦のイイところ・・・いっぱい見つけて、これからも焦点をあてていきたいですね。瓦人たち次代の瓦師の仕事は、そんなところにもあると思う今日この頃です。
↓ 今日も試しにカチッと押すだけ押してみてください。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-05-16 20:23 | 瓦人
<< 瓦人のサンデーブログ☆ 和瓦の本分・・・ >>