-文人瓦師-

b0168041_1991222.jpg
本日時間を見つけて粘土細工・・・。先日ご紹介した-GALLERY かふら-での「七夕展」に向けて、実はもう作品の制作リミットが迫っています。造形から乾燥、焼成・・・と何気にギリギリかな?(焦)合間を見つけては工場にて土いじりをしないと間に合いません・・・。ということで、とりあえずの数品です。
b0168041_1914967.jpg
七夕にちなんだ星の飾り・・・これ何でしょう?
b0168041_19161329.jpg
和瓦の粘土を背中合わせに接合し、底を付けて仕上がったのは瓦の傘立てです。こちらは、以前ギャラリーにて瓦師でもある㈲高鶴瓦センターの専務さんがご自身で手作りされ何気に好評だったそうで、今回追加オーダーを頂き瓦人がデフォルメし再現しました。
b0168041_1922921.jpg
その表面を土の躍動で包み、焼き上げたときの陰影の妙へとチャレンジです。さてさて、イメージ通りに仕上がるかな~?でも、お洒落な傘立てですよね。玄関先にて、その圧倒的存在感をもって‘瓦’を主張してくれることでしょう~。さぁ、まだまだ色々と作りますよ~って、時間が・・・(笑)

さて、話は変わりますが・・・ここ最近瓦人の帰宅が遅くなっています。その理由は~?
b0168041_1929432.jpg
原稿の作成です。業界紙はもとより、季刊雑誌、地方紙・・・と寄稿依頼等が重なっており、かなり一日中をタイトに突っ走ってると自覚してる瓦人ですが、ブログも含めすべて業務が終わってから、こうしてパソコンに向かう日々が続いております。毎朝5時半から活動開始してる瓦人・・・この夜遅くのプラスアルファな仕事はさすがに堪えます。晩飯は22時前後ばかり&一人ぼっち・・・あまり心と体に良くないですよね(笑)でも、頼られるならば応えるのが男・・・締切は守らないと瓦人が瓦人でなくなります。ということで、今日もムチ打ってキーボードをたたきます。今作成しているのは業界季刊誌2ページ分で綴る瓦の未来的提言です☆かなりのボリューム・・・頭がパンクしそうです(笑)

-文人瓦師- ・・・こんな肩書きがあったら面白いですね。まだまだ世間知らずな35歳・・・この肩書に見合うまさしく深く重い言葉で綴れるよう、自己をより磨いていかないとね。拙い文章ですが、今日も自分なりの想いを素直に打ち込んでいきます。あ、過去のブログ記事を自由に切り抜いて、適当にはり合わせてもらって結構なんですけど・・・って、改めて書けって?(笑)

↓ 今日もカチッと押すだけ押してみてください。そのワンクリックが励みです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-06-11 19:53 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎    ... 雨に想えば・・・ >>