感性価値・・・その瓦の魅力こそ☆

b0168041_1833817.jpg
こ~んな輸入したての超ビッグなアメ車に乗って讃岐よりお得意さんが打ち合わせに・・・(笑)助手席(もちろん右座席)に乗せてもらってユウユウの淡路ドライブ♪ で、向かった先はお馴染みG.エルムさん・・・、昼のランチがまた美味いんだ~☆
b0168041_18365190.jpg
アフターにはもちろん手作りジェラート・・・今日は互いに‘トマトイチゴ’です☆
b0168041_18374779.jpg
さぁ~・・・・・っと、仕事を忘れそうですが、本日も午後から粘土と格闘・・・。以前から作っているmonokawaraたちも順次窯から出てきます。今朝の窯出しにて・・・まずは紙のように薄いコースター!!藁の文様をランダムに施し、醸し出すこの風合いです♪
b0168041_1842766.jpg
微妙な厚みの不揃いさ・・・変化があってまた面白い。こう見えてピタッと安定しています。
b0168041_18434055.jpg
お次は香坐-kouza-・・・とでも呼びましょうか、お香立てとしての瓦プレートです。
b0168041_1845092.jpg
いい香りが漂ってきそうでしょう~。これ、カッコエエっすよ☆
b0168041_1846420.jpg
で、こちらもお香立て・・・なんですが、和瓦の形状を活かし、なおかつまたまた‘薄く’・・・というご要望です。これが実はかなり難しかった~。
b0168041_18474818.jpg
存在感&雰囲気は抜群です。なんてったって‘和瓦’ですから・・・(笑)誰の記憶にも残る和の色彩が‘いぶし銀’ならば、誰しもが連想する和の形状がこの和瓦の優しい波形ですよね♪
b0168041_18502142.jpg
だからいぶし瓦は飽きないのです。日本人ならば分かるでしょ(笑) この瓦たちのまさしく感性に訴えかけてくる価値こそ、ここ日本における和瓦の本質です。これが外国であればまた違います。瓦って、普段は屋根の上で活躍しています。それは一つに耐久性など暮らしを守る機能的価値の発揮であり・・・、また景観への貢献度等人の感性を刺激する感性価値の発揮でもあり・・・。この‘感性価値’ってヤツがこれからは大事なんです。人に感動を与える素材・・・せっかくの‘家(屋根)’という一生モノの買い物、できればそういった物差しでモノの価値をはかってほしいな~♪

↓ 今日もカチッと押すだけ押してみてください。でないと、どんどんランキング降下中・・・・(苦笑)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-06-26 19:09 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎   お... 花の色気・・・ >>