秩序というもの・・・

待望の空色・・・
b0168041_1625778.jpg
今朝、早朝の工場前・・・どうやら待望の光が降り注ぎそうです☆四国の山並みも、嬉しげに躍動し始めるかのように見えます。
b0168041_1705667.jpg
今日、讃岐→阿波と走るなか一喜一憂した景色をご紹介します。こちらは以前も撮りましたが、阿波の田園地帯にポツンと立ち並ぶ家たちです。
b0168041_1675841.jpg
やはり違和感を感じるのは瓦人だけでしょうか?ここは日本なんですけどね。この部分だけをトリミングすれば、色とりどりのカラフルタウンのようで、見る人によっては愛らしいかもしれません。ただ・・・この周辺は阿波らしいのどかな田園風景が広がります。あえて見せませんが、広角で全景を見渡すと一種異様な雰囲気を漂わせています。果たしてこれでいいのでしょうか?
また最近よく見かける小さな住宅地に建ち並ぶこんなパターンの建築・・・
b0168041_16135763.jpg
b0168041_1614952.jpg
・・・・・・・・・・おそらく人工的な室内環境調整をしないと、暑くて(熱くて)大変だと思います。それってエコ・・・?価格帯と、その一見スタイリッシュな外観に、消費者は流行の先端を買った気になるのでしょうか?日本における家造りとはどうあるべきか・・・という本当の意味での‘価値’を知らない日本人が増えています。これは周辺環境または景観への配慮を度外視した世界での、設計側のエゴあるいは売れば勝ちっていう自己中心的な思想の暴威による秩序の破壊だと瓦人は思います。各地の住宅展示場もそう、一見華やかなパレードのようにも見える個性豊かな(消費者の意識を戸惑わせるだけの)建物が立ち並びます。個性の発揮とは・・・基本的な秩序を守ったうえでの競争であるべきで・・・。この秩序の崩壊というものは、親子関係、学校教育、師弟関係、地域コミュニティー・・・等さまざまな分野においてその弊害をもたらしています。簡単にいえばすべて「自己チュー」という言葉で説明がつきそうです。この秩序なき自由思想の蔓延が招く恐ろしさを誰が伝えるべきか・・・?まぎれもなくこの社会を作った大人たちの責任です。
こちらは讃岐で見た景色です。
b0168041_1626557.jpg
古臭いとか、ダサイとか・・・浅はかな思考でモノを言うようになった現代日本人がよく揶揄する日本建築・・・その集まりが魅せる見事に晴れやかな町並みです。以前から追っていますが、当然の如くこの町並みに増える建築は瓦葺きの家が目立ちます。おそらく建て主の老若関わらず・・・。これこそが文化の継承であり、価値の維持であり、発展への基礎であり・・・。諸外国のように魅力溢れる町並みを羨ましく思います。今の日本は日本にあらず・・・。このいまだ地に足つかぬ国であるかぎり、景観破壊はまだまだ続くでしょう。すべてを失うその前に・・・とりあえず瓦師の一人として出来ることを・・・。

梅雨の晴れ間に射した、まさしく皆が待ち望んだであろう光が照らし出したのは、皮肉にもあまり見たくない日本の小さくとも大きな意味を持つ綻び(ほころび)でした・・・。
↓ 今日もカチッと・・・!! 梅雨の晴れ間にネガティブな話題で申し訳ありません(笑)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-02 17:04 | 瓦人 | Comments(8)
Commented by お洒落な屋根 at 2009-07-02 19:05 x
ズバリ!問題は、そっこなんだなぁ!
お馬鹿な行政、テレビを見れば、ぐれたマスコミの、つっつきっこ
素直な感性を、無視すうような発言、言動、これじゃぁ今の日本
ダメですよねぇ?
政治家もそう。業界もそう。単なる欲で、屁理屈をこいて、何とか
出来る世の中じゃねんだ!ば~か!って言ってやりたい。
私の、保育園の施工も、完全に、明らかに間違えています。
この事を、内部に入り込んで、徹底的に、あばきます。
狂った日本、そして業界、今となっては、せめて、邪魔だけは、
しないでほしい!の心境です。
素直な心、美しい物を、これまた素直に、美しいと言える心
大事にしたいですよね♪どげんかせんといかんですよね(笑)
Commented by amachan at 2009-07-02 23:34 x
家は一生の買い物。
確かに安い買い物では無いので妥協も必要かもしれません。
しかし、その妥協するところを間違ってはいけないと思う。
一見スタイリッシュな近代ハウス。
中に入ってみれば、その違いは素人でも分かるはず!

日本人ならお茶漬け。
日本人なら日本建築。そして瓦屋根!

夏美さんにお茶漬けはあるのかな?(笑)
Commented by ケータロー at 2009-07-03 08:32 x
久々の語る瓦人警鐘ブログですね!
昨日はこちらの一言一句抜けると事のない補足された語りが展開されていましたね。

日本の町並みを回帰させていくのは我々の世代の感性次第・・。
「時代の流れ」という言葉で片付けられないところまでこの国は来てます。

ふと、気付けば後戻りできる崖っぷちの場所まで。
是非、その恐怖を感じていきたいですね。

Commented by 淡路島の小さな宿 at 2009-07-03 10:01 x
ほんまに。
思わず飛びついてしまいそうな、スタイリッシュなお家が、ここ淡路島でもたくさん見られるようになりました。
もし、瓦人さんが身近な存在でなければ、こんな感じの家を買ってたかも(買う状況にあればね…)。。お~こわ。

このままでは、世界に誇れる景観なんて、
何一つ言えなくなってしまいそうな…。
あ~、日本ってこんな国なのね~。。憂鬱だな~。。
Commented by 瓦人 at 2009-07-03 18:32 x
お洒落な屋根さん
そうなんですよ~、今のこの国だと子供たちも素直に育ちにくいかもしれません。
大人がひねくれてたら子供もひねくれます。
一体何を信じたらいいのか・・・。
日本らしく・・・シンプルで一番簡単なことなんですけどね~。
ただ・・・我々はひたむきに「瓦」を信じるのみですね♪
Commented by 瓦人 at 2009-07-03 18:37 x
amachanさん
そう、こんな家をお洒落と思い込んでしまう現代人に対して、そのすり込まれた思想を憂います。
な~んか間違ってますよね。
本当の意味で感性を刺激されるモノを見極める能力が未発達なんです。
豊かな情操教育、自然環境・・・等に恵まれてない証拠でもあります。
日本も変わってほしいですよね、本来の美しい姿とココロに・・・。

あ、今回は天然鮎の雑炊でしたよ~(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-07-03 18:40 x
ケータローさん
そうですよ~、共に和文化を伝えるものとして抱える使命は大きいですよ~。
町並みが変わればココロも変わる。
ココロが変われば景気も変わる。
観光業界としても、やはり景観は大事ですよね。
さてさて、何から取りかかりますか♪
Commented by 瓦人 at 2009-07-03 18:43 x
淡路島の小さな宿さん
今は混沌の過渡期です。
価値観がすべて崩壊し、グラウンドゼロの状態にならないとダメかもしれません。
それならそれで受け入れる覚悟も必要ですね。
‘本物’を見抜く力があれば生き抜けるはず・・・。
じゅんべーさんなら大丈夫でしょう~、間違いなくこんな家には住んでないと思います♪
<< さすらいのトラック野郎    ... 晴れのち大雨☆ >>