100%自然素材☆

b0168041_18433967.jpg
今日も工場にて瓦が作られていきます。
b0168041_18442022.jpg
成型仕立ての和瓦って、一般の方ではなかなか見ることがないと思います。こう見るとやはり・・・‘粘土’なんですよね。
b0168041_18475652.jpg
現在は五六判GAINAを製造中・・・この自慢の高い水返しはお客様に好評です☆粘土で出来た瓦の細部をこうしてシャッキリ・クッキリと際立たせるためには、いろんな工夫と技術が詰まっています。目を離すとその機嫌もたちまち変わったり・・・自然素材の粘土を使ってるから瓦作りはやはり難しい。

よく‘粘土瓦’って言いますが、果たしてエンドユーザーにはこの意味合いやイメージが伝わっているのでしょうか?業界の常識は、業界外の非常識・・・まだまだエンドユーザーとのかけ離れすぎたギャップ(穴)を埋めるためには果てしない‘土’が必要かも・・・。粘土って言う前に、その前身の‘土’を見せた方がカッコ良かったりして?
b0168041_185699.jpg
この一見ただの土・・・これが粘土瓦の原点なのです。見て、触れてほしい素材の一つです・・・それが自然素材だから。
b0168041_18581875.jpg
瓦の原料はこの土・・・シンプルだけどこれ以上も以下もありません。焼いて燻しただけ・・・それがいぶし瓦なのです。重いだの軽いだのという議論よりも、性能よりも、機能よりも、規格よりも、規模よりも、価格よりも何よりも、文化とか、歴史とか、景観とか、風情とか、情緒とか、詩的とか・・・こんな感性価値を競わせる土俵へ上がると勝負は見えているように思うのですが・・・。これからはこのエモーショナルマテリアルたる瓦の本質を前面に押しだし、一人でも多くの日本人に瓦の本当の魅力を伝えることが必要だと思う瓦人です。そしてそれは決して諦めることなく・・・。想いは伝わるかな・・・?

↓ 1,400年の歴史が物語る土の力に、ご声援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-04 19:17 | 瓦人 | Comments(12)
Commented by お洒落な屋根 at 2009-07-04 20:02 x
ズバリ!その通り!!しかし、な~んで、本当の事がわからないのか?なぁ?
でも、きっと、わかってもらえる日が来ますよ!
だって、本物ですから・・・日本人だから・・・
こつこつ努力をして行きましょうや!
粘土(ねんど)土(つち)そうそう、うちのほうじゃぁ土(どろ)ってよんでますw。
今の業界まさに「どろぬま」ですね♪
ついでに私も、「泥酔」です。((*´∀`))ウキャキャ
Commented by 瓦人 at 2009-07-04 22:18 x
お洒落な屋根さん
ハウスメーカーによくある設計相談→「外壁はこの色ですから、屋根はこちらの‘色’がいいかと・・」!?
売るほうが素人なら、まずホンモノは伝わっていきませんよね。
色って何、色って!?あきれて笑うことさえ出来ません(苦笑)
製工ともに、まじめなヤツが報われる世界に・・・頑張って戻していきましょう~♪
あれ?「まじめなヤツが報われる」って聞くと、それはただの当たり前なんですよね。
あ、それだけ今の日本が当たり前じゃなくなっているんですね(笑)
そりゃ~、泥沼&泥酔だ(笑)
Commented by ケータロー at 2009-07-04 23:50 x
この画をみたら息子達のアドレナリンが急上昇しそうです・・。
機会があれば是非、工場見学をさせてやってくださいね!

親としても“ものづくり”の原点を生で感じてほしいなぁって・・。
Commented by amachan at 2009-07-05 00:12 x
島内のハウスメーカー数件回ったけど、そこにはいぶし瓦は無かったかな?
見本として置かれてるのは、軽量の色つき屋根材だけ・・・

消費者も外観と室内が中心に。
その背景には、デザインハウスがマスメディアに多く報道されている影響なのかな?

瓦人さん、歴史ある淡路島からどんどん発信して下さいね!
Commented by 淡路島の小さな宿 at 2009-07-05 00:22 x
土、いいです!
いや~、今回のブログは、ほんとみ~なさんに見てもらいたいですね!(あっ、今回だけで無しに!)
この土から出来てるんねんで~!って、まずは地元の小学校回るのも良さそうですね!瓦授業みたいなのあるんかな?
自分達の子供の時代には、風情とか情緒とか日本人ならではの感性を十分に持って暮らしてほしいものですね。自慢の国で☆
Commented by 瓦sista at 2009-07-05 06:52 x
毎度です。
昨日は取引先のご好意でイベントに参加してきました。
そこに例の軟らかい粘土を真正面においておきましたが,大変評価が良かったですよ。そしてやはりほとんどの方が知りませんでした。やはりアピールは大事ですね。

手振ればっかでブログ出来ませんでしたけど!(苦笑)
また今日再チャレンジしてきます。
Commented by きんたろう at 2009-07-05 08:05 x
先日のこと、小学校の娘と将来建築家になりたい友達との会話!

「○○ちゃんの家!瓦屋根やからええなぁ~!」

・・!!




Commented by 瓦人 at 2009-07-05 09:02 x
ケータローさん
お~、子供たち喜ぶよ~きっと♪
ロボットか何か、そんな非現実的なものにロマンを感じるかも知れません。
瓦屋ってカッコエエ~って、子供たちにこそ思って欲しいですからね。
夏休み・・・是非☆
Commented by 瓦人 at 2009-07-05 09:08 x
amachanさん
そうなんです~。子供たちにどんな家に住みたい~?って聞くと、「レンガ造りの家~」とか「メルヘンな家~」とか・・・(苦笑)これはもう日本教育の崩壊でもあります。ハウスメーカーの家ほど本当の意味での‘個性’のないものはありません。日本のどんな地域の町並みにも似合いません。なぜかって?和でも洋でもないからです。
‘らしく’・・・ただただそれだけを追求すれば自ずと答えは見えてくると思うんですがね~。
Commented by 瓦人 at 2009-07-05 09:16 x
淡路島の小さな宿さん
津井の幼稚園や小学校ではありますよ~♪
昔の子供たちの夢・・・いろんな希望に満ちてましたよね~。
大工さんになりたいとか、警察官になりたいとか、左官さんになりたいとか、トラック乗りになりたいとか・・・。
それだけ‘仕事’が身近だったんですね。そして「かっこよかった」のでしょうね。
して今は?デイトレーダーになりたい?ITの寵児になりたい?マネーゲームに勝ちたい?ネットで楽に商売したい?(苦笑)めっちゃかっこ悪いですよね。
料理人になりたい・・・そんな子供たちを増やしてください。その仕事のかっこよさを伝えて・・・。
瓦人は瓦師になりたい子供達を増やすため頑張ります☆
Commented by 瓦人 at 2009-07-05 09:18 x
瓦sistaさん
やっぱり~?原点の素材にはやはり惹きつけるものがあるんでしょうね。
ホンモノ・・・ですから。
今日もということは連日でのイベントなんですね。
日本文化の伝承・・・是非頑張ってください☆
Commented by 瓦人 at 2009-07-05 09:21 x
きんたろうさん
あ、教育も戻りつつありますか~?
さすがにこの瓦の町ではそんな子供が当たり前・・・って町にしていきましょう~♪
築いてきた大人自体がぶれてますからね。
瓦人らの世代から興す・・・「change」です☆
<< 瓦人のサンデーブログ☆ さすらいのトラック野郎   お... >>