100%自然素材☆

b0168041_18433967.jpg
今日も工場にて瓦が作られていきます。
b0168041_18442022.jpg
成型仕立ての和瓦って、一般の方ではなかなか見ることがないと思います。こう見るとやはり・・・‘粘土’なんですよね。
b0168041_18475652.jpg
現在は五六判GAINAを製造中・・・この自慢の高い水返しはお客様に好評です☆粘土で出来た瓦の細部をこうしてシャッキリ・クッキリと際立たせるためには、いろんな工夫と技術が詰まっています。目を離すとその機嫌もたちまち変わったり・・・自然素材の粘土を使ってるから瓦作りはやはり難しい。

よく‘粘土瓦’って言いますが、果たしてエンドユーザーにはこの意味合いやイメージが伝わっているのでしょうか?業界の常識は、業界外の非常識・・・まだまだエンドユーザーとのかけ離れすぎたギャップ(穴)を埋めるためには果てしない‘土’が必要かも・・・。粘土って言う前に、その前身の‘土’を見せた方がカッコ良かったりして?
b0168041_185699.jpg
この一見ただの土・・・これが粘土瓦の原点なのです。見て、触れてほしい素材の一つです・・・それが自然素材だから。
b0168041_18581875.jpg
瓦の原料はこの土・・・シンプルだけどこれ以上も以下もありません。焼いて燻しただけ・・・それがいぶし瓦なのです。重いだの軽いだのという議論よりも、性能よりも、機能よりも、規格よりも、規模よりも、価格よりも何よりも、文化とか、歴史とか、景観とか、風情とか、情緒とか、詩的とか・・・こんな感性価値を競わせる土俵へ上がると勝負は見えているように思うのですが・・・。これからはこのエモーショナルマテリアルたる瓦の本質を前面に押しだし、一人でも多くの日本人に瓦の本当の魅力を伝えることが必要だと思う瓦人です。そしてそれは決して諦めることなく・・・。想いは伝わるかな・・・?

↓ 1,400年の歴史が物語る土の力に、ご声援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-04 19:17 | 瓦人
<< 瓦人のサンデーブログ☆ さすらいのトラック野郎   お... >>