たかが瓦、されど瓦・・・

new blog「as usual ~日本色~」 ← -step by step- 一歩一歩着実に登る先には光がありました☆
b0168041_17452977.jpg
今日も合間を見て土と戯れます。ホントいろいろとオーダーいただくおかげで、最近のブログ見てると「瓦人さん、仕事変わった~?」って声もチラホラと・・・(汗)いやいや、基本は本業の瓦を売るために日々必死で走りまわり、その他見積もりに集金に、はたまたトラック任務にも・・・。夜は営業戦略&ツールを考えては作り、また瓦の未来考房的クリエイティブな思考タイムもあり、あ、もちろん毎日30分以内でスラスラっとブログもこなし・・・(汗)そそそ、そ~んなもう一つ合間をぬってのこの土いじりです。この度はまた初めての世界・・・茶道です☆壁掛け用はもちろん、こうした筒状のもちろん創作花器をご依頼です。
b0168041_1750148.jpg
ダイナミックな‘破れ’は、良くも悪くも古き価値観の滞留に波紋をたてるかのごとく投じた一石・・・、瓦の世界にも通じる「守破離」の精神世界をプチ抽象的に♪
b0168041_1831038.jpg
この細長~い花器のくびれ → ‘ボン・キュッ・ボン’がセクシーで・・・(笑)
b0168041_1853258.jpg
こちらは初めて知りました・・・「蓋置(ふたおき)」です。茶の点前(てまえ)で釜(かま)の蓋や柄杓(ひしゃく)をのせるための道具。小さくとも人前に早くから準備されているもので、その存在感はけっこうなものだそうです。上部と底部のレベル(水平)さえある程度の仕上がりにしておけば、瓦の土の勢いが荒々しくむき出しのほうがカッコイイと思い・・・。
b0168041_18125078.jpg
創作コースターはお約束になってきました☆それにしても「守破離10年」と言われますが、その意味でまったく説得力のないこ~んな付け焼刃でいいのでしょうか?いいそうです・・・(笑)それにしても、無理に瓦で作らなくてもって感じですが、瓦人にとってもこれが瓦でなくては何の意味も成しません。たかが瓦、されど瓦・・・、その魅力を伝える手段になりえるのならば、こうして付け焼刃でよければ頑張ります。より‘人の目につく’瓦を生みだすのもPRの一環・・・。やがては日本らしい町並み再生のために・・・☆あ~、3人ぐらいに分身したい(笑)
↓ 今日もそんな瓦人の悲鳴に、ねぎらいのクリックを~。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-08 18:27 | 瓦人
<< 晴れない空のもと・・・ さすらいのトラック野郎    ... >>