景観を決定づける屋根のチカラ・・・

それにしても盆明け早々昨日から携帯電話の電池がもたないほどの忙しさ・・・。電話に、出荷の段取りに、瓦の梱包に・・・と、せめて工場がまだ始動していないのが救いですが、日中まだまだうだる様な暑さのなか必要以上のダイエットが出来てます(笑)お盆前まで長引いた梅雨のせいもありますが、まぁ休み明けはこんなもの・・・相変わらず早朝から星空が輝きだすまで突っ走ってる瓦人です(笑)さてさて、そんな中でのプラスアルファな仕事・・・来月の委員会までに考えないといけない宿題です。
b0168041_16594165.jpg
瓦業界組織全体の統一事業である瓦小冊子作成委員会に提出する新冊子コンテンツ案を考え中~(悩)瓦人に委ねられたこの仕事・・・今回のテーマである「景観」、それをもとにコンテンツを検討中です。詳細については内緒ですが、日本らしい景観を構成する要素の一つである瓦屋根の存在をいかにして意識してもらうか・・・業界に課せられた課題の重さをひしひしと感じています。
b0168041_1711436.jpg
b0168041_1711376.jpg
b0168041_17111264.jpg
決して過去の美しい記憶・思い出ではなく、また回顧録や昔話でもなく、まして非現実でもなく・・・、今なおこうして各地で在り続ける美しき町並みに対し、まさしく皆の身近にあるものとしてのリアリティーのような意識を日本人に喚起させたく・・・。またその積み重ねによる文化レベルの向上により、こうした財産をのみ単に古き良き町並みとして終わらせるのではなく、また現実生活とかけ離れた‘よそ事’と片付けるのでなく、これから将来的に「和」というアイデンティティーに基づく‘新しき良き町並み’を創造するために業界のみならずこの国も傾注すべきです。

この良き町並みと日常生活とが当たり前のようにまざり合い、とけ合い・・・そんな魅力的な町並みを各地で取り戻すことができたら素敵ですね。このヨーロッパの町並みのように・・・
b0168041_17282273.jpg
b0168041_1727571.jpg
b0168041_172833100.jpg
圧巻・・・と感じるのは、景観の荒廃に晒される日本人としての鬱屈からくる反動なのでしょうか?はたまたシンプルに‘美’への共感かもしれませんが・・・。感動を与える町並み・・・そこにある重要な要素としてやはり瓦屋根は存在します。そして必ずこうした美しい町並みには、そうなるべくしてなった‘ストーリー’があるのです。日本においては、このストーリーを蔑ろにした住宅地(町並み)が跋扈しているので、どうしても美しいと感じられないのです。だから人の五感すべてに響くわけがありません・・・。昨日のブログにあった‘感性価値’・・・モノだけではなくこの際町並みにも感性価値をこれからは求めるべきですね。このヨーロッパの町並みが、例えばここ日本の地であると仮定し、このオレンジ色の屋根がすべていぶし瓦だったらと想像してみてください・・・なんの言い訳なく‘圧巻’だと感じるはずです。

さてさて、瓦師の瓦人・・・頑張ります☆
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-18 17:47 | 瓦人 | Comments(10)
Commented at 2009-08-18 18:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きんたろう at 2009-08-18 18:51 x
感性価値創造ミュージアムの表紙は、感性の文字が浮かびあがっているようですね!!
Commented by ケータロー at 2009-08-18 21:45 x
100年後のいぶしの町並みは見ることは出来ませんが
その素晴らしい景観の元となった(今は)小さくとも熱い若手のチカラが全国に波及することを願います。
たぶん、その象徴的な町並みの真ん中には彼らの銅像が(・・もちろん瓦で・・。)。

メンバーの方々も是非がんばってくださ~い!おおえんしてますよぉ!
Commented by 山平 at 2009-08-18 21:51 x
日本の景観にはジローラモさんも怒ってますよぉ~

アグリズム系の本もまだあきらめずに水面下で頑張ってます。
頑張るでぇ~!!!
Commented by 瓦人 at 2009-08-18 22:11 x
匿名さん
非公開コメントながら、熱くありがたいコメントどうもです。
五感に響く町並み作り・・・他力本願では絶対に実現しません。
一人一人の深い理解があってはじめて成しえるものですね。
簡単に言えば、「元に戻そう」ってだけかも(笑)
瓦人として出来ること・・・まぁ、ボチボチと前進するのみですね♪
Commented by 瓦人 at 2009-08-18 22:13 x
きんたろうさん
お~、発見しましたか~。
さすが目の付け所が‘右脳派’らしくてイイですね~(笑)
どんなイベントになるのか楽しみです。
それよりも感性価値創造ミュージアム・レセプションパーティーへの出席に緊張している瓦人です(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-08-18 22:17 x
ケータローさん
このヨーロッパの景色からも分かるように、屋根のチカラって凄いでしょう~。
この屋根を置き去りにしてしまっているのが、全国各地で跋扈するハウスメーカー主導の画一的無個性住宅です。地方の文化もストーリーもあったもんじゃありません・・・。近未来では完全排除の対象だと考える瓦人です。

瓦に携わるものとして・・・なんとか諦めることだけはせず頑張りまっす☆
Commented by 瓦人 at 2009-08-18 22:21 x
山平さん
小冊子の制作過程で自ずとアグリズム的コンテンツは出てくると思います。
これからの日本は、感性価値を理解するステージへと上がるべき・・・。
農業では、その意味で行き着いた答えが‘アグリズム’・・・。
さて、瓦業界のたどり着く答えは・・・?
希望的観測のもと頑張りましょう~☆
Commented by 淡路島の小さな宿 at 2009-08-19 00:55 x
日本の風景へ…どう切り込んでいくのか楽しみです!
しかしお盆明け、突っ走ってますね~!

「感性価値創造ミュージアム in Kobe」
是非行かせて頂きます!
自らの感性も磨かなきゃね~!
Commented by 瓦人 at 2009-08-19 06:50 x
淡路島の小さな宿さん
そんな大きなチカラになればいいんですけどね。
ま、一歩ずつです☆

是非神戸へ~・・・・・って、そのままキャノンプラザへ?(笑)
かなり洗練された空間を期待してる瓦人です。
さて、瓦人はいつ行こうかなっと。
<< そこに住む人々自身で盛り上げる... さすらいのトラック野郎です。    >>