秋空に映えるいぶし瓦・・・day&night☆

b0168041_19193813.jpg
早朝6時過ぎの工場前・・・その空の躍動に元気づけられた瓦人です。今日は集金で讃岐の西の端からそれこそ阿波まで、この爽快な空のもと走りまくりました。久々の「ふるかわ」さんでのカレーうどんに、またもう一段チカラをもらいましたよ~。
b0168041_1923284.jpg
コシのある男・・・このうどんにあやかってみました(笑)

阿波で見かけた珍しいお寺・・・
b0168041_19244022.jpg
葺き替えして間もないこちらのお寺ですが、上屋根がなんと茅葺きなんです☆残そうとする心意気に感動しました。こうした心がけの積み重ねで、風景というものは守られ、また将来へと受け継がれていくのです。壊すのは簡単・・・しかしそれは‘文化’を破壊するものと理解すべきです。瓦屋根の町並みが全国で壊されていくのも、日本人自らが自国の文化を失っているのと等しいのです。どこにそんな国がありましょうか・・・?それよりもこの爽快な空に映えるいぶし瓦の屋根を見てください。景観はもとより心までもが晴れ晴れとするのは瓦人だけではないはずです。

やはり瓦屋根というものは、日本人にしっかりとしたアイデンティティーを植え付けるために必要なものです。昔も今も、また昼も夜も、その日本らしい生活シーンを描き続けてきた控えめでありながらも決して欠くことのできない存在は、いかなる困難にさらされようとも、この秋を思わせる青空のもと、やはり変わることなく輝き続けるのでした☆

もちろん、星空のもとでも・・・淡路島の原風景、瓦葺きの玉ねぎ小屋☆
b0168041_19392252.jpg
b0168041_19403038.jpg
雄大な天の川を見上げて瓦屋根は何を想う・・・。 → 072.gif 
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-25 20:03 | 瓦人 | Comments(2)
Commented by ケータロー at 2009-08-25 22:26 x
周りの明るさ、一分の露光でも十分、川が流れていましたね!
星の数もハンパねぇ~・・ですね。
これもイイですが、秋を感じさせる筋雲の流れもまた川のながれのよう。
あぁ~かわのながれのよぉ~に~、ゆるやかに~♪
思わず昭和の名曲を口ずさみたくなりますね。(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-08-25 23:15 x
ケータローさん
長秒露光のおかげで明るい感じがしますが、この盆地はホント暗くていいですよ~。
月が無いと歩くのも困難です。
だから天の川も、近場ではここが一番きれいですよ☆

昭和の名曲・・・そういえば平成の名曲って言葉を聞かないですね~。
やっぱ古いものの方がイイのかな?
きっと、いい時代背景を反映してるんでしょうね。
平成にもイイ名曲が生まれるような時代背景をつくるのは、過去の人々ではなく、まして未来の人でもなく、瓦人たち現代人ですね。
<< 屋並み-yanami- さすらいのトラック野郎   色... >>