煌めきで溢れる日常・・・☆

→ 夜にはこんな情緒深い煌めきが・・・「as usual-日本色-

b0168041_18173498.jpg
それにしても終日こうして流れてくる瓦を結束していく毎日ですが、ふと気付けば人生ホント瓦だらけかも(笑)寝ても覚めても瓦・瓦・瓦・・・見晴らす淡路島の景色にも瓦・瓦・瓦・・・。
b0168041_18204258.jpg
今日、仕入れのため工場から外へ出た際にも、日常風景としてある瓦・瓦・瓦が目に飛び込みます。この当り前の光景が、外の人にとってはおそらく新鮮に映ることでしょう。
b0168041_18252377.jpg
b0168041_182529100.jpg
b0168041_18254462.jpg
b0168041_18255395.jpg
でも、淡路島の瓦が魅せる煌めきは、まさしく瀬戸のさざ波を思わせるかのように、穏やかで、繊細で、人の心までもを晴れやかにしてくれます。だから・・・古くも新しくも、このいぶし瓦の煌めきに囲まれて暮らすことの意味に改めて想いを馳せる今日この頃です☆

工場の作業を終えた17時過ぎ・・・ちょっとデスクワーク前の気分転換にすぐ近くの海へと。

そこにあったのは、まさしくいぶし瓦のイメージの基となる、こちらも日常としてある煌めきでした☆
b0168041_1830579.jpg
さざ波に洗われた小さな石の浜までもが、西日を浴びて宝石のように煌めきます。
b0168041_18314870.jpg
寄せる波も宝石・・・なんとも奇跡的に美しい島に生まれ育ったことを感謝します。
b0168041_1834541.jpg
b0168041_18342191.jpg
瓦の島は美しく・・・、混沌としたこの時世に荒んだ作り手の心を清めてくれるほど美しく・・・☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-24 18:39 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by ケータロー at 2009-09-24 21:45 x
日常の何気ない風景・・・とはいえこんな瓦垣はどこにもない特別なシーンですよ。
毎日、瓦と相対していると特別な視点があるようですね。

瓦師はどんな地に赴いても目線は少し斜め上の屋根をみてるんですよね~。
そういう癖も誇るべきサガなのかもしれませんね♪
Commented by 瓦人 at 2009-09-24 22:47 x
ケータローさん
瓦垣・・・400年祭マップのスポット景観としてピックアップするつもりです。
津井にはいたるところに隠されてます。あ、露出してるほうが多いかも。
まさしく瓦尽くし・・・それこそが瓦の町らしい魅力ですよね。
昔の人たちはそれをちょっと壊しすぎました。
これ以上、大切なモノを失わないようにブレーキをかけるのは瓦人たちの世代です。
常に斜め上を見据えて・・・☆
Commented by じゅんべー at 2009-09-25 00:32 x
ほーんと、ここにしかない風景!
どんどん露出してください!

うちのオヤジが積んだ瓦も立候補!
当選するかなぁ~!(無理~?)
Commented by 瓦人 at 2009-09-25 06:50 x
じゅんべーさん
いやいや~、誰の仕業であれすべてが景観資源ですよ~。
ここにしかない宝物・・・これが人を魅了するのです☆
Commented by 瓦屋の娘 at 2009-09-25 08:37 x
トラック野郎さん、昨日無事に深谷に到着しました。

昼間は私も会社のためお会いできませんでしたが、夜に
初!ごた~いめ~ん♪ を果たしました。

写真をたくさん撮ったらしいので、ブログの更新が楽しみです。

Commented by 瓦人 at 2009-09-25 18:49 x
瓦屋の娘さん
ありがとうございます~。
初のご対面はイメージ通りでしたか?
出発してから、会社には一度も経過報告がありませんでした。
首都高に中央道にと未体験の道路を前に、よほどテンパッテいたのでしょう(笑)
今現在まだまだ帰ってきません。
おそらく深夜かと・・・。
明日のブログをお楽しみに~・・・・・って、瓦人たちも楽しみです♪
<< 「木陰にて 金色に輝く 秋の萌... 名のある・・・、名もなき・・・。 >>