失っては二度と取り戻せない価値・・・

b0168041_14463027.jpg
先人の汗の結晶、淡路島の瓦作り・・・。それをまるで忘れたかのように、この町にある往年のシンボリックな価値が失われつつあります。

波ハネ・・・道路などまだ未整備の頃、海に面した位置に多い窯元は瓦の積み出し場として海岸に、この石積みの‘波ハネ’を築きました。
b0168041_14535968.jpg
今ではテトラポットに覆い尽くされ、また流木に埋もれ、あるいはこの地特有の激しい波にも削られ・・・、痛々しい姿でなんとか残ります。この海岸で今日4本を確認しました。過去には軒並み窯元が続いた海岸沿い・・・今では工場跡の更地が虚しく続きます。
b0168041_1458926.jpg
b0168041_14582083.jpg
b0168041_14583031.jpg
波の下より何を想う・・・
b0168041_14584650.jpg
瓦人も含め、実感としての栄華を知らない次代を担う若手瓦師たちが、今こうした‘失ってはならない価値’に意識を集めつつあります。この波ハネから種々の瓦たちを載せた小さな舟が、石積みの津井港へと向かい、大きな機帆船へと積み込まれ海原へと出向していきました。
b0168041_1512835.jpg
b0168041_15131682.jpg
400年祭においてのピックアップはもちろん、この地元の住民、とくに未来ある子供たちにこそ、こうしたシンボリックな財産をもってこの町の歴史物語を伝えていくことの大切さをひしひしと感じています。再整備も含めどうにかできないものか・・・、お金はなくとも知恵を絞り考えていきたい事案です。瓦人ら世代の瓦師が皆共通して強く想うというこの事実こそ、この瓦業界としての将来ビジョンそのものの姿ではないでしょうか。未来の淡路瓦としてのあるべき姿・・・これからまだ10年、20年と舵取りしていく瓦人らにこそ描く義務があります。あまりにも失いすぎた本当の価値、忘れ去られようとしている今や縋るべき価値・・・これを取り戻すことこそが再生への道だと強く想ってやまない今日この頃です。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-24 17:08 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by amachan at 2009-10-24 22:12 x
生まれ育った町の歴史・・・知れば知るほど誇らしく感じるところも。

壊すのは簡単、守るのは難しい・・・。
文化を守るも壊すのも人間です!
将来の子ども達に、この町の歴史を伝え続けれる町でありたいですね!
Commented by ケータロー at 2009-10-24 22:57 x
メッセージ性の強い良いブログだぁ~!
最近はいろんな分野でみなぎっとんの~!
そんな瓦人さんに触発されヘコたれ気味の最近に喝っ!を頂きました!(笑)
淡路瓦はストーリーに溢れてますね!
Commented by じゅんべー at 2009-10-25 00:08 x
この昔の写真は、ほんまええの~。
活気が伝わってきます。
言うても仕方ないけど、丸山も同じでこの風景が今もあれば、
どんなに素晴らしい事か!
でも津井の港は、余韻残ってるもんね!
はっ、だるま窯でないけど、昔の再現やってみるのはどう?
シゲキの漁船借りて!
昔の人とシンクロしてみる!何かが見えてくるかも~~!ん~?(汗)
Commented by 瓦人 at 2009-10-25 15:38 x
amachanさん
amachanもサッカーを通して十分その心意気を伝えてますやんか~。
僕らは子供の頃いい時代の恩恵を思いっきり享受しました。
みんなが一つになったいい町にしたいですね~。
そのためには瓦が頑張らないと☆
Commented by 瓦人 at 2009-10-25 15:40 x
ケータローさん
たまには語らないと、最近は同じくヘコたれ気味でしたからね~。
モチベーションというか、張り合いというか・・・そこまで景気は落ち込んでいます。
淡路瓦のあるべき姿・・・これからはもっとリアルに考えていきたいです☆
Commented by 瓦人 at 2009-10-25 15:47 x
じゅんべーさん
この肉体を見ると言葉に詰まります。
今の人間では絶対にできないでしょう。
便利になった世の中なら・・・その分もっと知恵を使ってこの窮地を脱しないと・・・。

って、400年祭ではまさしくそんなイベントを構想しています。
機帆船を用意して、皆当時の風貌で瓦を積み込み、津井の港から出航する。淡路瓦、これからの未来へ向けて・・・ってイメージです。予算がなくても出来ることから模索していきたいですね。探せなければシゲキの船ですね(笑)乞うご期待~☆
<< 秋色探し・・・♪ さすらいのトラック野郎  今日... >>