提案力が創る瓦の未来☆

b0168041_1634876.jpg
今日、出荷のため梱包されていくのは・・・・・・?
b0168041_1635384.jpg
見慣れた和瓦のあのフォルムとは一線を隔するシャープな陰影・・・。
鎬桟(しのぎざん)瓦です。
b0168041_16364410.jpg
山の部分が三角状になる、古来より多く日本の屋根に見られた和瓦の復刻判なんです。鎬とは・・・日本刀のシノギ(刃と峰の間に走る稜線)のように、桟山が三角形にとがっていることをいいます。なんともエモーショナルなストーリーを持つ瓦です。こちら、いつもお世話になっている足袋人さんの熱心なご提案により、讃岐の新築屋根へとのぼります☆この‘提案’力が、これからはキーワードです。魅力溢れる瓦屋根が、その個性を競い合うような土地が増えれば、自ずと瓦屋根への関心が高まります。面白みもない屋根の連続だと、価格以外の付加価値を見出せないですからね。
軒瓦は地域性に配慮して雀口付の万十軒瓦を製造するために、この度わざわざ金型を雀口用に改良してもらいました。
b0168041_16482775.jpg
もう、この三角山が作る陰影だけでもカッコイイでしょ。
b0168041_16491479.jpg
日差しの角度により従来の和瓦より、その光と影の強いコントラストをもって、屋根にまた違った雰囲気の印象を与えてくれることでしょう。レトロであり、またシャープさが魅せるモダンな印象もあり・・・ん~、想像するだけで楽しみです♪あとは、親方たちの屋根でのパフォーマンスに期待します。頑張ってくださ~い(笑)

提案力・・・・・瓦の未来の一役を担うはず☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-11 17:00 | 瓦人 | Comments(8)
Commented by お洒落な屋根 at 2009-11-11 18:49 x
しのぎの、ベタ万ですかぁ?かっちょいいですねぇ!
しかし、ぎりぎりまで、しのぎにこだわった万十の取り付け方ですねぇ!
三河のそれは、もっと、手前から、なめしてありました。
私、個人的には、こっちの方がシャープに感じます。

Commented by ケータロー at 2009-11-11 21:11 x
やっぱ、香川県特有の△から来てるんかな~!
素人では文章だけのイメージではボヤけてますので
屋根に上がった時のコントラスト、期待してまっせ~!

日本刀から来るそのストーリーもなんか、凄い!
どんなリクエストでも答え続ける瓦人魂をあえて言うなら・・
「Noと言わないかわらっしゃ」・・・安直かな・・。(笑)
Commented by 瓦人 at 2009-11-11 21:51 x
お洒落な屋根さん
シノギ&ベタ万です☆
そうですよね~、シノギの桟が伸びてきて、その先に丸い万十が付くのに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、これならキレイにまとまってますね。
ビシッとした施工例が楽しみです♪
Commented by 瓦人 at 2009-11-11 21:57 x
ケータローさん
この瓦はいろんな地方の古い屋根に見られますから、ケータローさんも淡路島で探してみてね~。そのこと自体が面白いんです♪一般の人が屋根を見て例えば「あ、あれシノギや」とか「なんか瓦の山がとんがってる~」っていう会話が生まれてくれれば嬉しいです。そこにあるのは純粋な興味・・・ですから。興味を持たれない屋根ほど、寂しいものはありません。高度成長がもたらした経済発展&工業化の波は、こんな会話の生まれる屋根を失くしてしまいました。淡路島にはたくさんの種類の瓦があります。瓦師ももちろん全国の屋根屋さんたちにも、こうしていろんな提案を頑張ってほしいです♪
Commented by amachan at 2009-11-11 23:59 x
「モノ買う」観点でものを申せば、品質、価格、納期の3つが基本にあげられますよね!
大概の業者は、それらは大丈夫なんです。
あとは何か・・・?
サービス&パフォーマンスだと思うのです!
多少、品質が悪かろうが、高かろうが、人との付き合いから生まれる心のサービスと提案力。

会社でよく指導されるのが「今は出来なくても出来る方法を考えろ!」

脱否定族です!!(笑)

さすが瓦人さんですね~。
Commented by じゅんべー at 2009-11-12 06:40 x
いやいや、ほんまこんなとんがった屋根瓦は、見たことありませんね!
って、やっぱりそこまで見てないんかなぁ~?
屋根に葺かれたその姿、見てみたいと興味津々!
やっぱ瓦人ブログやなぁ~!
Commented by 瓦人 at 2009-11-12 07:01 x
amachanさん
さすがamachan。
そうそう、瓦ももうその三つの要素だけでの商売では限界にきています。
一番なおざりにしてきた‘サービス&パフォーマンス’がこれからは大切なんです。
いわゆる‘感性価値’ですね。
感性に響く価値を瓦に見出す・・・これからはそんなことが瓦復活の足掛かりになると思います。
脱否定族・・・瓦人ではなく、この提案力と勇気を備えた親方にこそあります☆
Commented by 瓦人 at 2009-11-12 07:03 x
じゅんべーさん
いやいや~、古い屋根を見てみてください。
意外にありますよ~。
だからなんです。屋根に目を向けてもらうためには、屋根屋さんたちのこんな頑張りが必要なんです。
この屋根がきっかけとなって、いい意味で話題になれば嬉しいですね。
親方たちに感謝です☆
<< さすらいのトラック野郎   ご... 紅一点・・・秋の彩りを支える小... >>