瓦の存在意義・・・

ススキが秋の空気に潤んでいます・・・☆
b0168041_192368.jpg
b0168041_1924312.jpg
秋の道は見どころ満載・・・日本っていいですね。

樂久登窯さんの屋根も佳境に入りました。そして、手作りの鬼瓦が据えられたのでご紹介します。
b0168041_195345.jpg
一見、ノーマルの海津鬼に見えるこの端正な顔立ち・・・実は、設計担当の平松組さんとも一緒に、このたびのリフォームコンセプト等を深く相談し合った結果、建物の主要構造部はすべて西村さんの作品を引き立てるための脇役に徹すること・・・この大前提をもとに検討した結果たどり着いた鬼瓦の顔なんです。鎌軒やケラバの袖瓦の選択も、すべて主張を押し殺し、無駄を省いた究極のシンプルイズムの実現がその目的としてあります。

ベースは、達磨窯プロジェクトの初施工物件に据えられた鬼瓦にあり、それをもう少しシンプルにしたデザインでの製作となりました。外枠部分を内側へ向けて勾配をつけ、また顔の部分には丸みを持たせてあります。
b0168041_19183390.jpg
従来の海津鬼は、その面が平たんであるため陰影の豊かさに欠ける面がありましたが、これだと朝、昼、夕と太陽光の入射角の変化により、光と影の織りなす陰影の妙で遊ぶことが出来ます。今日は生憎の曇り空・・・また晴れた日に朝昼夕すべてにおいてその表情と向き合ってみたいですね。無の境地を体現する樂久登窯さんのいぶし瓦屋根・・・鬼瓦の陰影がワンポイントのお洒落になりそうです☆訪れた際には、是非そんな遊び心にも触れてみてください。

瓦の存在意義・・・それは、なければ物足りず、控えめな主張を持ち、まわりのすべてを繋ぎ引き立てる。
まさしく‘和を以って貴しと為す’ための実質的求心力・・・そんな言葉が思い浮かぶ瓦人です。

秋晴れはいつ・・・?

冬になる前に、まだまだ秋らしさを感じるシーンに出会えそうですね。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-13 19:42 | 瓦人
<< 瓦×アクリル=和の未来系 紅葉・・・☆ >>