まず人を売る・・・・・・・・

本日、素晴らしいシーンにめぐり会うことができましたよ☆ → 「as usual ~日本色~

b0168041_17551476.jpg
b0168041_17552723.jpg
素晴らしい時間が流れる讃岐は「四国村」・・・瓦哲さんご夫婦プロデュース‘小町庵’が瓦の魅力を存分に披露している「四国の灯り展2009」へと、それこそ品薄となったらしい瓦坐とちんまり瓦を持って陣中見舞いです☆
b0168041_181428.jpg
b0168041_1815214.jpg
それにしてもタイムスリップしたかのようです。そして美しい頃の日本が取り戻されたかのようにも・・・。
b0168041_18226.jpg
b0168041_1821445.jpg
四国各地から古い民家を移築復原した野外博物館であるこちら・・・そのほとんどをリアルに重要文化財で占めます。また平成14年に新設した安藤忠雄氏設計「四国村ギャラリー」では、絵画や彫刻、オリエントの美術品などを展示し、その新たな一面も見ることができます。四季折々の植物が植えられており、季節の移り変わりを感じながら先人たちの智恵や工夫、文化に直接触れることができるこの村・・・プライベートでゆっくりと巡ってみたいものです。

さてさて、たどり着いたのはこちらの円形砂糖しめ小屋です・・・
b0168041_18112681.jpg
想像以上の人の入りに、接客に追われる二人とゆっくり話すいとまもないほどです。そんな隙間を縫って撮りためた、この空間を灯す瓦たちの活躍をご紹介します☆
b0168041_1814890.jpg
b0168041_18142081.jpg
b0168041_18143549.jpg
b0168041_18144674.jpg
b0168041_1815212.jpg
b0168041_18151588.jpg
b0168041_18152978.jpg
瓦が魅せる素晴らしい空間に、訪れる人も酔いしれていました☆
b0168041_18181028.jpg
小町庵’sワークショップ・・・オリジナルの瓦ネックレス作りにも人が途切れません☆
b0168041_18182261.jpg
「まずは人(自身の中身)を売る」・・・、ご縁があった大先輩に瓦哲さんが諭された言葉だそうです。そしてその先には技術も含めてすべて買ってくれる・・・瓦職人としての姿勢にも通じる重く深い言葉に感銘を受けた瓦人です。この‘姿勢’が問われるこれからの時代です。誠心誠意とは、お客様に向けるためにある言葉だと・・・。欺瞞・怠慢が通用しない世の中に戻れば、いろんな意味で日本らしい秩序が取り戻されるのかも・・・。瓦の魅力は、こんな取り組みからでも伝えることが出来ます。最終日でしたが、なんとかお邪魔出来てよかったです☆(← テレビ放送でも小町庵が紹介されました。)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-23 18:33 | 瓦人 | Comments(4)
Commented by ケータロー at 2009-11-23 22:43 x
さすがは香川のイベント・・。
だだっ広いイベントブースでワイワイガヤガヤとするような事はしませんね。
古き良き日本家屋にあってこそ、その意味合いも出てくるって言うモンです。
やはり、人のイマジネーションを働かせる為の背景造りも重要ですね~。

Commented by amachan at 2009-11-23 22:48 x
センスなんて言葉で語れるはずも無く・・・。
なんなんでしょうか、これは!!
ただ、驚くだけです。

人の持つ感性や魅力って、どこまで凄いんだろうと思いますね!

これだけの
Commented by 瓦人 at 2009-11-23 23:10 x
ケータローさん
そうなんです。出展者それぞれが、リアル文化財一棟をまるまる借りてブースにしています。
よく共催として建物を貸してくれたことです。
これに驚いた瓦人です。
深い理解のもと、また伝統・文化の伝達のため、文化意識の高い讃岐だからこそのイベントですね。
ここはまたゆっくりと歩きたいものです。
ぜひご一緒に♪
Commented by 瓦人 at 2009-11-23 23:15 x
amachanさん
瓦人は、この文化財たる空間全体を使っての表現に感動しました。
建物はもう完璧です☆これ以上の雰囲気は出せないでしょう。
だって、ホンモノの集合体ですから。

入り口には有名なうどん処‘わら家’もあります。
こちらもまさしく非の打ち所のない環境・・・ぜひ家族でドライブがてら行ってきてね~☆
<< また雨です・・・ 瓦人のサンデーブログ☆ >>