i’m lovin’ it ☆

さ~て、明日から世界的に猛威を振るっている強烈な寒波の襲来ですよ~。
そんな嵐の前の静けさなのか、今朝の生温かさは気持ち悪かったです(*_*)

新年初の阿波のお得意さんめぐりへと・・・ただ、行く先々では暗い話ばかり(-_-;)
とにかく進むしかないですね♪
ということで、時間が取れずタイミングを逸したランチはまたまた車内で‘i’m lovin’ it’です☆
b0168041_18102939.jpg
日本語訳 → 私はそれがとても好きです。
そんなことはないのですが、便利さを享受させていただきました(^^ゞ

そうと思えば、鴨島町のお得意さんちでは初荷のオーダーもいただきました☆
古瓦を撤去中の現場がすぐ近くなので確認に・・・古いスレート屋根のお宅ですが、母屋と離れの二棟同時に葺き替えです。
b0168041_1835458.jpg

両方で約45坪・・・いぶし瓦で蘇りましょうね~☆
さ~て、明日は雪のマークもチラホラ・・・工事は進むかな~?
でも、各地でこうしていぶし瓦の屋根が出来ているんですよ。
悲観からは何も生まれません・・・ただただ、この一軒一軒の積み重ねを頑張っていくしかないですね。

話は変わりますが、先日淡路島にある洲本城へと・・・。
そこには、たくましい歴史の証人が、ただ静かにこの世の中を見つめる姿がありました。
静寂の星空に包まれたこの姿から、皆さんにはどんな声が聞こえますか?

-歴史の道しるべ-
三熊山・・・紀淡海峡を臨む要衝の地であるこの山に築城されたのが洲本城。
b0168041_18261717.jpg
洲本の町を見下ろす高台にて、ただ静かに時代の趨勢を見守り続けてきました。
星空を仰ぐとき、かつての激動を微塵も感じさせず、ただ静寂に包まれたまさしく悠久不変の時の流れを感じます。
b0168041_18274434.jpg
夜空に浮かび上がるその雄姿に臨むと、おそらく当時とそう変わらないであろうこのシーンに意識だけでもタイムスリップし、
かつての活き活きとした時代の躍動を感じることが出来るようで・・・。
b0168041_18283261.jpg
星が描く軌跡は、まさしく歴史の道しるべ。
過去と未来を繋ぐこの光の流れは、この国をどう導こうとしているのでしょうか・・・。
瓦・・・同じく歴史の証人たるその素材にも、本音を一度聞いてみたいものです。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-12 18:38 | 瓦人
<< 氷雪模様・・・ 冬の彩り・・・ >>