絵になる瓦・・・絵瓦-kaiga-

花小径-hanakomichi-   西日に照らされ浮かび上がった獣道は、花の撒かれた美しい小径でした。
b0168041_206241.jpg


景気は悪くとも、何に追われるのかなんとも慌ただしい日々・・・。
いよいよ佳境に入った淡路瓦400年祭の事務的ワークも、そんな毎日に追い討ちをかけます(汗)
b0168041_20125069.jpg
昨夜も遅くまで続いた実行委員会(←その模様・詳細はリンク先をどうぞ)・・・タイムスケジュールもいよいよタイトに。準備不十分なところも多々ありますが、とにかく与えられた仕事を粛々とこなすのみです。一人でも多くの人に、瓦が本来的に持つ魅力である感性価値を・・・その想いだけをエネルギーに変える今日この頃です☆

お昼に所用でサンセットビューホテル「けひの海」へと・・・
b0168041_2019061.jpg
※テーブルの瓦坐を立てて、輝く空海をバックにワンショット☆
レストランのテーブルクロスの上にあるのは、冬の斜光を受けて絵画のように浮かび上がる瓦坐でした☆
b0168041_2022159.jpg
絵になりますよね♪これも瓦です。次代の感性に響く瓦なんです。
b0168041_20235042.jpg
つかの間のブレークタイムは、まさしく感性価値ほとばしる絵になる瓦と触れ合いながら・・・。

この瓦坐・・・もう数年前から、地元南あわじ市の施策による、住宅の新築および葺き替え工事に際して淡路瓦を使用した物件に対する奨励金交付にともない、その記念品として干支瓦か瓦坐のどちらかを選んでもらい進呈しています。なかなか人気のようで、またこうして依頼をお受けしました。
b0168041_20372076.jpg
二枚セットの瓦コースター・・・喜んでいただければ嬉しいですね。
そこにはまた、瓦をもって絵になる生活シーンが描かれていくことでしょう・・・☆
b0168041_20391656.jpg
響け、瓦の感性価値!! 瓦島=宝島・・・五感いっぱいに瓦の魅力を堪能できる島この「淡路島」へと、今年の400年祭をきっかけに是非たくさんの人々に訪れてほしいものです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-20 20:50 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  やっ... 明けない夜はなく・・・ >>