刻まれる時-toki-

昨日の続きです。産業文化センター「瓦ッ舎gallery-toki-」には、昔の瓦作りの写真がその工程を追って掲示されています。反射を防ぐため、館内のスポットライトと照明を消したうえで再撮影してきました。なんともいえない力強さが伝わってきます。

ほんの数十年前の出来事です・・・。この時の日本人は一所懸命です。
b0168041_1741086.jpg
b0168041_1741782.jpg
b0168041_1742889.jpg
b0168041_1743527.jpg
b0168041_1744774.jpg
b0168041_174574.jpg
b0168041_175778.jpg
b0168041_1754117.jpg
b0168041_1755243.jpg
b0168041_176482.jpg
当時の津井港に揃う、瓦を運ぶ機帆船・・・その姿、勇壮です。石積みの港も今のままですね。瓦人も恥ずかしながら、このたびの400年祭の発起がきっかけで、こうした歴史への理解が始まり、そして深まりました。世間知らずの苦労知らず・・・そんな経済成長にともなう超発展の恩恵を十二分に享受して育った典型的な現代っ子である瓦人たち世代のなすべきこと・・・、それはせめてこの町への感謝の念をもってしてのささやかな恩返しです。ただ、時代がそれを許さないほど厳しさを増しているのも事実です。

全国各地でその歴史を繋ぐすべての伝統産業たち・・・背水の陣で挑むこの平成の世に、果たしてどう生き残りをかけて戦うのか?ちらほらとその成功例も散見されるように、その産業の運命が強ければ、奇跡的な偶然や必然が重なり、瞬く間に復興を果たしうる可能性もまだ秘めています。

経済価値、感性価値、景観、環境、エコ、サステナビリティー・・・etc. と、複合的要素が絡み合う‘未来における社会的必要性’という観点から瓦を見れば・・・?瓦屋根を残すか捨てるか・・・、答えを出すにはまだ議論が必要ですね。

そんなこの町で、また一つ解体される工場・・・空虚感漂うその姿とは対照的に、淡路島の冬空は皮肉なまでに美しく・・・。
→ 「as usual-日本色-
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-23 17:35 | 瓦人 | Comments(12)
Commented by amachan at 2010-01-23 18:15 x
歴史を物語る写真の数々・・・

一生懸命に生きる!
そんなメッセージが伝わってきます。
津井港に集まる機帆船の数には、見てるだけで胸が熱くなります。

我が町の伝統産業に、何か背中を押されるものを感じますね。
Commented by あわぢ at 2010-01-23 18:31 x
阿万も昔はこんなのでした。
ウチも瓦屋やったんで記憶に残ってます。
近代的な設備を入れる前に辞めたんでこの写真は懐かしいです。
阿万や津井に嫁に行くと鼻の中が「真っ黒」になるで~とか言われてました。
Commented by お洒落な屋根 at 2010-01-23 20:11 x
正しく、埼玉深谷瓦もこ~んなのでしたぁ(笑)
ただ、海はありませんし、私、若い為?牛車は見た事ないですが・・・
私の子供時代は、オート三輪でしたぁ((*´∀`))ウキャキャ
もっと、私以上の年齢の業界人にもっと、歴史を語ってもらいたいですね♪
んでも、その世代の人が、バブル経験しちゃってますからねぇ(笑)
むじゅかちい問題ですね♪
Commented by ケータロー at 2010-01-24 00:11 x
いい写真をのっけてきましたね!
先人たちの目には見えない勢いを感じさせてくれますね!
そして、津井港に停泊する瓦を運ぶ船なんか物凄く新鮮に感じます。

瓦の町、津井は今もそしてこれからも受け継がれている理由がわかるような気がします。
Commented by じゅんべー at 2010-01-24 10:23 x
しかし、すごい写真!
そして、貴重な写真ですね!
最後の一枚は、映画のワンシーンやで!ほんまに!

瓦人ディレクターの腕の見せ所!400年祭がほんと楽しみ!
何回も言いますが、お客様の反応がすごく良いですよ~!
どんどん宣伝しておりま~す!
Commented by 瓦人 at 2010-01-24 13:20 x
amachanさん
なんか、誇らしいですよね、やっぱり。
こういう写真って、よくぞ残してくれてたものですね。
未来の人間に、こうして胸を打つ何かを感じさせることができる貴重な写真はこれからも大事にしていきたいですね。
瓦人らが毎日綴る写真たちも、未来では貴重となるかもしれません。
そんな想いで、いい写真を撮りためていきたいものです。
amachanもね♪
Commented by 瓦人 at 2010-01-24 13:23 x
あわぢさん
お~、懐かしい話ですね~。
阿万も風情ある町並みが残りますよね。
瓦屋根なんかそちらの方が多いですね。
阿万の写真って残されてますか?
みんな集めて展示したら、なかなかいい写真展になるかも♪
残していきたいですね~、宝物☆
Commented by 瓦人 at 2010-01-24 13:26 x
お洒落な屋根さん
そうですか~、深谷もですか~。
オート三輪ってのが、都会ですね~(笑)
写真にある馬車なんか最高にカッコエエでしょ。
これだけの瓦を引っ張る馬力って凄いですよね。

そうそう、バブルを経験してない瓦人ら世代以下だからこそ気付く部分って多いです。
それが400年祭なんですよね。
よ~し、頑張りましょう~☆
Commented by 瓦人 at 2010-01-24 13:29 x
ケータローさん
迫力あるでしょう~?
ラストの港湾なんか映画のクライマックスのよう・・・。
時代はめぐります、だからこそイイめぐり方をしたいですよね。
受け継ぐっていうのは大事です。
それがないと伝統って言葉が成立しませんから・・・。
イイところを受け継いでいきたいですね~、400年祭を起点に♪
Commented by 瓦人 at 2010-01-24 13:35 x
じゅんべーさん
丸山や阿那賀の写真も見てみたいな~。あるかな~?
多分最高にエモーショナルですよ♪
ディレクターは大変です。
仕事をある程度捨て去らないと出来ません。
これがなかなか捨て去ることが出来ない現状なんで、そんな大したことは出来ませんよ(笑)
期待はずれと思われるかもしれませんが、来られた人に何かしら感じるものがあればそれでいいんです。
この瓦の町から何かを・・・。
宣伝ありがとうございます。
あ、DVDも流してね(笑)
Commented by 良く喋る兄貴 at 2010-01-27 19:58 x
この光景は・・・・あれですよ。。。

 あたくしが目にした事のない世界です。。
Commented by 瓦人 at 2010-01-28 22:18 x
良く喋る兄貴さん
そうそう、この前その名残が目の前で壊されたんですよね。
そちらでも貴重なダルマ窯だったことでしょう・・・。
そうやって時代はめぐっていくんですね。
<< 瓦人のサンデーブログ☆ 歴史を辿れば・・・ >>