ただ昔からの町並みがあるだけで・・・

さきほど家の外で面白い景色と出会えました☆ → as usual-日本色-

b0168041_22485848.jpg
愛媛県内子町・・・瓦業界全団体による統一事業である瓦冊子委員会に使用する景観写真撮影の依頼を受け、日曜日の早朝から片道約300キロの道のりをひた走りました。なんとか指定のアングルとも出会え、つかの間ではありましたが、こうして残される価値ある町並みを散策してきました。
b0168041_22533737.jpg
b0168041_22535336.jpg
b0168041_22541810.jpg
さまざまな‘古き良き’に出会えます。それは、ただただ心地よく・・・。日曜日ともあってか、この町並みの通りはもちろん、道の駅にも人が溢れます。ただただそこに風情ある町並みがあるだけで・・・人はその魅力に惹かれて足を運ぶのです。人が惹かれる・・・この感性に訴える価値はどこから生み出されるのか?まぎれもなく‘本物’たちの饗宴あってこそですね。やはり瓦もそんな魅力ある素材の一つ・・・無下に捨て去ろうとする前に、この価値をもう一度再認識してほしいと、改めて強く感じました。
b0168041_2314411.jpg
b0168041_2315842.jpg
b0168041_2321017.jpg
b0168041_2322562.jpg
人が集まる・・・ただただそこに昔からの町並みがあるだけで・・・。
取材とはいえ往復600キロの旅はとても充実したものでした。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-02-21 23:05 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  現場... 関東今昔町並み物語・・・ >>