原始×創造=未来

b0168041_18271294.jpg
打ち合わせで「けひの海」さんへ・・・いとこの料理長ヒロフミの粋なはからいです♪
b0168041_18281733.jpg
瓦の未来を考える時・・・次代に通じる感性は重要です。このシーンに違和感なくとけ込むどころか、ひと際その存在感を発揮する瓦坐・・・これって大事なことだと思います。

未来に繋がるキーワードは・・・?サステナビリティー、グローバル、IT、エコ、センシティブ・・・響きのいい言葉は多々ありますが、これだけでは未来を生き抜くには弱いはず・・・。文化、伝統、知恵、技術、素材・・・など培われ蓄積された根源的、本質的、原点的な基礎があってこその創造、応用であるべきだと思います。

瓦・・・社会的必要性というカテゴリーにおいて希薄になりつつあるその存在感。ならば新たな社会的必要性を生み出すべく・・・考えることは多いですね。日本の風景から瓦屋根の町並みがなくなる・・・いやいや、それはさすがに駄目でしょっていう日本人が多いことに期待してるだけではいけませんね。ただ、それもどこかでは藁にすがる思いで期待せざるを得ない現状ではありますが・・・(苦笑)

-primitive scene-   日本(淡路島)の自然には、まだまだ原始の風景が残ります。
b0168041_19165618.jpg
瓦文化もこの景色と同じく変わらず巡り続けてほしいものです・・・雲にかき消されることなく☆
b0168041_19175549.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-02-22 19:20 | 瓦人
<< みんなが触れて親しめる素材・・・瓦 さすらいのトラック野郎  現場... >>