瓦坐がのぼる階段は高く・・・

有名な枝垂れ梅のライトアップが始まりました。 → as usual ~日本色

有馬六彩・・・東急グループである東急ハーヴェストクラブ様が神戸の有馬に今月新規オープンするリゾートホテルです。
b0168041_18515710.jpg
格式高いその外観・・・3月27日のグランドオープンを目指して、内外装含めて急ピッチで仕上げられていました。
b0168041_1854392.jpg
b0168041_1856374.jpg
空へと続くような天上の大浴場には、もちろん金の湯、銀の湯が・・・。隅々まで見学させていただきましたが、なんせスケールが違います。極上のリゾート・・・そんな言葉が素直に似合います。圧倒されながらも今回の目的であるレストランへと・・・
b0168041_18561638.jpg
こちらもカジュアル・和・イタリアンとありますが、そのすべての空間が妥協なくデザインされており、ステイタスを感じながらの時間を過ごせること間違いなしです。こちらで以前チラッと紹介したオリジナルデザインの瓦坐を使用して下さることとなり、今日配達でお邪魔してきました。その活躍の場は、なんと広い広~い和食レストランにある特別カウンター室・・・
b0168041_1914971.jpg
この限られた空間で、限られたお客様だけに提供される瓦の可能性たち・・・想像しただけでも楽しみです。願わくば自分がこの席に着ける日が早く訪れることですね(笑)オリジナル瓦坐は、食事用に2種類、そしてワイン用に別に1種類をデザインさせていただきました。こちらはグランドオープンまでに間に合うようただいま準備中・・・、今日は物販のコーナーにも置いていただくレギュラーの瓦坐の配達でした。こちらも高級感溢れる内装・・・どこかの美術館ギャラリーか宝石店のような雰囲気でした。オープン後は、まぎれもなく目の肥えたお客様たちで満たされ、そしてそんな人々の目にさらされることになるであろう瓦坐・・・どういったリアクションがあるのか今から楽しみです。瓦って美しい・・・そんな言葉が躍ってほしいものです。オリジナルデザインが完成すればまたお届けすることになります。その模様はまたその時にお知らせします。

さてさて、有馬まで来たら・・・
b0168041_1914425.jpg
有名な有馬サイダーが店先にならぶ情緒ある佇まいで魅せる、親戚のうめ丸さんが数年前にオープンした「あり釜めし  くつろぎ家」があります。そこでホッコリ釜めしなんていかがでしょう~♪
b0168041_19162512.jpg
いとこのジュンノスケが頑張っています☆温泉以外にこれといってメジャーな食がないこの地では、淡路島の鯛やタコの釜めしがもう定番化してきているそうで、雑誌等メディアからの取材も増えてきたそうです。いろいろあるメニューの中で、ジュンノスケのお勧めで頂いたのは、冬の旬釜めし!牡蛎釜めしです。
b0168041_192112100.jpg
b0168041_19213171.jpg
b0168041_19214435.jpg
プリップリの牡蠣の蒸されたいい匂いが充満します。座敷に座り、ほんとゆったりほっこりと頂けます。さすが有名温泉地・・・月曜日の今日も人の往来が盛んで、お店にも注文が飛び交っていました。親戚でもあってか、なんか嬉しかったです♪まさしく仕事を忘れかけた瞬間でしたが、皆さんは是非お越しいただいた際には時間を忘れて寛いでくださいね~。
ジュンノスケ~、ご馳走さんでした~。

そんな有馬への出張・・・気付けばまた雨・・・。でもここでもまたしっかりと地が固まったかな♪
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-03-01 19:34 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  視線... さすらいのトラック野郎  いぶ... >>