淡路島景・・・風と光☆

ここにも普遍のデザイン・・・和瓦のシルエットがありました。
b0168041_22112291.jpg
通りかかった南海荘さんへと・・・ほぼ完成したそのリニューアルの様子をのぞいてきました。「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」で積み上げた古瓦のストックを持ち帰ったと思えば、こんな優しい連なりを描いていました。
b0168041_22122263.jpg
そこには素朴であり、それでいて上品であり、心落ち着く空間と時間が共存していました。
感性豊かな淡路島の作家さんたちも、その普段の仲の良さそのままに空間にて共存します。
b0168041_22155692.jpg
b0168041_22161135.jpg
b0168041_22162553.jpg
瓦坐も、一人一人の綴る旅物語の一行を飾れそうです。
その全景はぜひ一度訪れて体感してください・・・淡路島の光る時間-toki-が包んでくれることでしょう。
淡路島はこれから、光り溢れる風景をもって迎えてくれます。淡路瓦400年祭へも是非お越しください。

土曜日・・・いてもたってもおれず夜中に走りたどり着いたのは、見事な春を描く天空の花園でした。
b0168041_22365934.jpg
疲れを癒す淡路島景・・・意識だけでも星の世界へ☆
b0168041_22371775.jpg
天から降りそそぐエナジーを受け止め・・・また頑張れそうです。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-04-25 22:40 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  何か... 「GALLERY 土坐 -ts... >>