闇夜を切り裂き光明を見出す・・・

内も外も・・・止まることなく刻まれる-toki- at 「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」 → 「as usual -日本色-

b0168041_17382577.jpg
讃岐の新築現場・・・棟の仕様が変わり午前中に棟瓦を配達しにお邪魔しました。こちらは最近では珍しく万十剣の車袖仕様となっております。剣高のものよりすっきりと上品に納まりますね。
b0168041_17395968.jpg
鬼は須山鬼の三つ組 小槌付きです。青空に映えるいぶし銀・・・爽快という言葉がまさしく似合います。
b0168041_17422326.jpg
透明感のある煌めきで魅せる淡路のいぶし瓦は、空の表情を素直に映し・・・。晴れの日は深く澄んだ青を、雨の日はしっとりと落ち着く灰色に、まさしく四季のある日本色を描くに相応しいものです。そういう目線で屋根材を比較すると、自ずと感性に響く価値のあるものが分かるはず・・・。これからはこの「感性価値」がキーワードです☆
玄関の庇部分に目をやると・・・壁際に積んだのし瓦の端が、すっきりとした瓦で仕舞いされています。
b0168041_17503680.jpg
こちら、通常よく目にする漆喰仕舞いでの剥離を気にして作った「花面土」です。
b0168041_17543483.jpg
小さなこだわりですが、こうした優しさが活きてくる時代に戻したいですね。親方夫婦もこの屋根が終われば400年祭へと来てくれるそうです。ぜひぜひ、瓦の町の取り組みを体感してくださいね~。それがまたこうした現場で何かしらに活かされれば幸いです。付加価値作り・・・製工協力して、一つでも多く達成していければいいですね~。

昨夜・・・闇夜を切り裂くように、か細い光明がありました☆
b0168041_17591265.jpg
b0168041_17592497.jpg
光明を見出すには十分すぎるほどの闇の切れ目・・・こじ開け切り開く未来には光がありそうです。そんな未来を目指して頑張らないと・・・ですね(*^^)v
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-18 18:04 | 瓦人
<< 雨宿り・・・そんなきっかけで集う場所 さすらいのトラック野郎  今日... >>