雨宿り・・・そんなきっかけで集う場所

それにしても昔ながらの‘しとしと’と情緒深く降る雨はどこへいったんでしょうか?最近は低気圧が近づくと台風並みの空模様・・・(-_-;)今日もそうですが、雨なら雨で嵐のようです。な~んかおかしいここ数年の天候・・・まさしく世紀末です(汗)そんな日にも、人が集う土坐の風景があります。
b0168041_1824690.jpg
雨ということで建築現場はストップ・・・ということで、この和瓦のシルエットにいざなわれて、地元で幼馴染の先輩大工さんたちがみんなで土坐を見に来てくれました☆嬉しいですね~。遊び心満点の空間ですが、プロ目線にはどう映ったか・・・、でも何かしら可能性の一端を見出してくれれば幸いです☆みんなして木造建築や瓦の良さを伝えていきたいですね。
またこんな猛烈嵐のなかですが、通りすがりの観光客グループさんに、地元のおばちゃん、夕方には以前紹介した正寿司高橋さんたち皆さんにお越しいただきました~m(__)mホントありがたい限りです。雨宿り・・・、そんな風流な言葉の背景には庇の長い瓦屋根の存在があったはず・・・。ちょっと雨宿り・・・そこで交わされる会話、生まれる出会いもあります。袖すりあうも他生の縁ではありませんが、きっかけとなる場を提供できていることが誇らしいです。瓦葺きの庇のかわりに、土の空間・・・皆さんもどうですか?ちょっと雨宿り・・・♪

さてさて、そんな雨の日の「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・今日はこんなものを作ってみました。
b0168041_18365888.jpg
ん~?シンボルである瓦のトーテムポールのように古瓦を積み上げた塔が・・・?
b0168041_18384467.jpg
こちら・・・やっとカタチになりました、monokawaraのディスプレイ台なんです~☆どうしても既製品の家具等では違和感が出てしまう、この圧倒的‘土’空間の土坐・・・けっきょくオリジナルにて創造せざるをえません。デザイナーズ家具って超高過ぎますからね(^^ゞしかも空間の景色を阻害するようなオブジェは禁物・・・ということで、今回は天板もクリアな素材にして、骨格も細いシルエットしか浮かばない鉄筋を使って、一つの脚だけをダイナミックに古瓦で演出してみました~☆
b0168041_1850498.jpg
違和感と余計な存在感がないでしょ(*^^)vそれでいて古瓦の一本足がいい感じのアクセントに♪
b0168041_185217.jpg
さり気な~く、版築の塔たちとシンクロしてたり(笑)またまた遊び心が一つカタチになりました☆このあとまだもう少しオリジナルのものが増えて、いよいよ「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」も本当に完成です。ギャラリー紹介のフライヤー用も含め、完成写真を待ってもらっている方がたくさんいます。いましばらくお待ちのほどを~m(__)m
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-19 19:03 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎   甍... 闇夜を切り裂き光明を見出す・・・ >>