人と人が土の上に坐って・・・

「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・土曜日の今日は本当にたくさんの人にお越しいただきました。
b0168041_19101990.jpg
奈良県瓦工事組合の青年部団体による‘体感’・・・みんな一所懸命でした。焼けた瓦を扱わせたら天下一品の皆さま・・・こと粘土となると勝手が違います(笑)でも、そこは瓦の本質を知り尽くした方々・・・かなり本格的で、センスのいい瓦坐が生まれていましたよ。素晴らしい~(^◇^)焼くほうとしても責任重大・・・なんとか頑張ります☆その他、午前中からひっきりなしにお越しいただく人・人・人・・・、もちろん甍寿司は今日も完売!!皆さんに色々と空間の説明や、このギャラリーのコンセプト等をお話させていただきたかったのですが、テンヤワンヤで声掛け出来ずに帰られたお客さんには誠に申し訳なかったですm(__)mまたゆっくりとお越しくださいね。
今日は若い人たちも目立ちました☆
b0168041_1917441.jpg
しっかりと瓦の啓蒙活動をさせていただきましたよ~(*^^)v若い感性で見る土坐はいかがなものだったでしょうか?響くものがあったならば、未来の瓦屋根やそれが連なる美しい屋並みとしてのアウトプットを期待したいですね。
脚の疲れを感じつつ・・・気付けば昼の弁当にやっとありつけたのは17時前・・・晩メシですがな~((+_+))
大雨が予想される明日の日曜日ですが、事前に伺っているお客さんだけでもかなりいます。
とにかくこんな田舎の瓦工場に、多くの人が足を運んでくれるのが嬉しいです。
そんな想いを勇気に変えて・・・、明日も頑張ります☆

地に足つかず、我を忘れそうになるそんな時・・・まさしく足元である地元に流れる季節のメロディーに耳を傾けてみましょう。昨夜、仕事帰りに車を停めた小さな橋のたもと・・・音も無き小さな光が描く軌跡は、まぎれもなくこの季節の風物詩たるホタルでした♪
b0168041_19285963.jpg
月夜に奏でる光の調べ・・・耳を傾ける価値アリでした。季節は巡ります・・・前向きに(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-22 19:35 | 瓦人
<< 土坐の日曜日・・・ さすらいのトラック野郎  着々と。 >>