『キラリ☆ ~若手瓦師有志の集まり~』

不安定な一日でしたね~。19時前・・・今も雨が降っています。
梅雨へのカウントダウンもそろそろ始まったかな?
今年こそは、その後に地固まる雨シーズンであることを期待して・・・。
b0168041_18205539.jpg
讃岐の鐘楼葺き替え現場・・・こちらは修理し焼き直した水板も再び棟へとキレイにおさめられ完成していました。
b0168041_1824641.jpg
すべて元の仕様の通りに復元する・・・ということで、割り付けから使用部材まですべて以前の仕様を踏襲し、64判での施工でした。この地域に昔から伝わる文化を繋ぐことができて良かったです。そんな地域の屋根景観を100年後もこうしてまたこの先100年に向けて維持できる・・・物語の詰まった瓦のバリエーションの豊かさならではですね。
b0168041_18324469.jpg
今日は、この鐘楼工事のために一部解体していた塀を再構築中の現場へと、出っ張りの少ない塀用隅巴を持ってきました。こちらの塀も、解体前に施工されていた当時のこの地の瓦名工が作った刻印入りの軒瓦へのリスペクトとして万十軒を採用・・・着工前の通り復元です。
b0168041_1954388.jpg
出っ張りの少ない隅巴が、そんな謙虚な姿勢を如実に表現しているようで微笑ましかったです(^。^)
b0168041_18362926.jpg

お次は阿波へと新築現場の確認に・・・上下合わせて約40坪の寄せ棟屋根です。
b0168041_18373372.jpg
こちらの大工さん、なんと並行してこれともう一物件を新築されているそうです。梅雨入り前・・・皆さん駆け足で頑張ってま~す。今日もどこかで瓦屋根・・・文化は紡がれていってるみたいですよ~(^.^)/~~~

さてさて淡路瓦400年祭も終わり、少なからず業界内外に向けて純粋な‘想い’をお届け出来たと思います。今それを振り返るように、地元ケーブルテレビにて『キラリ☆ ~若手瓦師有志の集まり~』と題して、今週残り木曜日まで毎日13時、17時、23時の一日3回、30分の特集番組で放送されています。
b0168041_18472789.jpg
30分番組というと、なかなか充実した内容・・・その丁寧な編集にココロから感謝いたしますm(__)m地元の人しか見れませんが、地元の人にこそ若手の純粋な想いが伝われば嬉しいです。この瓦の町を支えてくれたのは、業界内外を問わずまぎれもなく地元の人々・・・それがあっての今に改めて感謝です。

※諸事情によりケーブル放送をDVDに記録できません((+_+))このブログをご覧の地元の皆さま、どなたか記録できる環境にあれば、どうか救いの手を~m(__)m

光が奏でるオーケストラ!! 耳を澄ませてこちらをご覧ください → 「as usual -日本色-
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-06-08 19:05 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  今日... 和瓦のデザインへのこだわり・・・ >>