土坐にチビ座がやってきた☆

b0168041_17281144.jpg
今日のギャラリー土坐・・・地元の小学一年生たちが瓦のお勉強でやってきました~(^◇^)
b0168041_17295469.jpg
目を輝かせながらギャラリーの説明を聞いてくれます♪
b0168041_17364171.jpg
和瓦の形状を示し瓦人からみんなへの質問・・・「この瓦のカタチは何に見えますか~?」
チビ座一同・・・「波~!!」
絵に書いたような見事な答えに感動でした☆
そうです、波です。幾重にも連なる波の姿が瓦屋根にはあります。だからこのカタチは美しいんです。
来る人みんなの感想がそうなんですが、工場内の温度の高さとは対照的に、土壁で囲まれたギャラリーに入ると感じるヒンヤリ感・・・そんな土から生まれた瓦の良さをコンコンと説く瓦人・・・なんとか伝わったみたいでしたよ。だからお家には瓦が良いんですよ~って♪
さてさて、工場見学に・・・
b0168041_17381293.jpg
b0168041_17394394.jpg
出来たてホヤホヤの白地を見せてチビ座一同・・・「あったか~い♪」
そう、何事も生まれたてには温もりがある・・・土の包容力に触れてもらいたかった瓦人です。
このあと窯など一通りの工程を見てもらい、本日のメインイベント・・・瓦の瓦たる本質を披露です☆
b0168041_17414834.jpg
さっきみんなが答えた「波」・・・そのカタチの意味をリアルに体感してもらいたく、模擬屋根へと水を流します。
山へと落ちた雨が、谷へと集まり、軒先へと流れます・・・。食い入るように注目するチビ座一同です。
b0168041_1744360.jpg
瓦の役割、瓦の大切さ、なんでこのカタチとなったのか・・・などなどシンプルでかつ原点的な瓦の価値を伝えます。
b0168041_17434350.jpg
b0168041_17454391.jpg
興味を持ってもらったようで何よりです。
一所懸命手をあげる子供たちからの意見・・・「ウチの家には薄くて平らで四角いのがのってます。」
瓦人・・・「じーちゃんかばーちゃんに言って、将来波のカタチの瓦に葺き替えてもらって下さい(^。^)」
チビ座・・・「わかった~(^.^)/~~~」
素直でよろしい(笑)
子供たちに噛み砕いて伝えることで、原点を思い出すこともあります。
こんな活動の積み重ね・・・大事ですね。今日はみんなありがとうございましたm(__)m

以下、今日チビ座たちに伝えた内容です。以前のブログからの抜粋記事ですが、ご興味のある方はどうぞ♪
『人生、山あり谷あり・・・万物普遍の真理です☆』
人生、山あり谷あり・・・万物流転の法則は、そんな日本らしい表現で親しまれています。何事も、山があり谷がないといけない・・・この普遍の真理は、代々その日本人の精神世界において受け継がれ、今もなお生活のあらゆるシーンにおいて格言として存在する‘古き良きもの’です。

何事も、山があり谷がないといけない・・・そんな格言そのままの姿をもって、その瓦としての本質にある機能美をまさしく見せる和瓦の姿です。
b0168041_17561150.jpg
「山」に降った雨が、「谷」を流れていきます。
これが悠久の歴史において、ここ日本においてまさしく日本らしさを示してきた和瓦の‘働く’姿です。
これ以上も以下もない、シンプルかつ最高のパフォーマンスなのです☆
b0168041_17574471.jpg
瓦(屋根材)とは、この雨風から建物を守るということが大前提なのです。山も谷もない瓦(屋根材)で、さてこの流れを作ることが出来るのでしょうか・・・?この本質も知らないものが、単なるポピュリズムによる薄っぺらいデザイン建築を、まさしく時代が求めるものであると、ある種錯覚にも似た仕事を残し、この日本の景観どころか文化も破壊しています。子供でも分かります・・・この谷を流れる雨の意味を。こういうシンプルかつ揺るぎない自信を、もっとこの業界として発信していかないと・・・。エンドユーザーに、文化云々も含めて、伝えることはまだまだありそうですね。
それはごくごく当たり前のように、何気ない日常にこそ存在すると思える瓦人です。
皆さんも是非、雨の日の屋根を見上げてみてください。
そこに山と谷はありますか?

と、こんな内容を小さい子でも分かるように伝えさせていただきました。
最後にみんなに一言・・・「今日聞いたことを帰ってみんなに伝えてね~(^.^)/~~~」
チビ座一同・・・「ハ~イ(^◇^)」
長々と綴ってしまいましたが、これでたったの15分で書いてます。
気分のイイ日は、仕事もはかどります(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-06-09 18:08 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  汗か... さすらいのトラック野郎  今日... >>