雨降って地固まる・・・

雨が続く梅雨らしい日々・・・たまには現場日記を。
b0168041_20195254.jpg
本日打ち合わせで訪れたのは阿波の鐘楼屋根葺き替え工事現場。ここ数年修繕を繰り返していましたが、もう限界とのことで同じく本葺きにて葺き替えに至りました。
b0168041_20201355.jpg
昭和16年築・・・悠久の時を越え、風雪に耐えた瓦から滲み出る風合いに美しささえ感じます。すべての鬼面瓦とシャチ、そして飾り拝み巴が焼き直し可能かどうかの現調に訪れました。どれも程度は問題なさそうです。また新たな命を吹きこまれ、再び屋根へと・・・頑張って下さいね(^.^)/~~~
b0168041_2022857.jpg
崩れかけた飾り棟、そしてこのバランス的に大きな屋根を支える建物を、そのまた下で支えるのは・・・まぎれもなく歴史がその根拠を証明する先人の知恵でした。
b0168041_20242737.jpg
これで昔の南海地震、そして阪神大震災をはじめとした大小さまざまな地震、および台風等幾多の災害に耐え抜きました。机上の論理では説明のつかない、れっきとした証人がここにあります。古き良き知恵・・・残し、活かしていきたいものですね。こちらは7月に入ったらすぐに着工・・・別注紋入り軒巴に隅巴、同じく紋入り鳥伏間に鬼瓦の焼き直し・・・急ぎます~♪

続いては同じく阿波の新築現場・・・降り続く雨で停滞中~((+_+))
b0168041_2030628.jpg
こちらは大屋根だけで42坪、6寸勾配に一文字・・・親方泣かせですね~(~o~)瓦人なら気持ち悪くて上がれません~(^^ゞでも、ピシッーと・・・親方任せですが楽しみですね~。

雨が続きます・・・が、その後は間違いなく地固まるはず!!いぶし瓦の出番ですよ~(^.^)/~~~

今日はそんな雨の中、午後からいつもお世話になっている東急リゾート‘有馬六彩’のスタッフの皆さんが体感にお越しいただきました。瓦坐をお店に置いている立場・・・自らその本質を知らずして何を語るや?ってことで、かなりの思い入れを持って臨まれましたm(__)mお一人はなんとリアルに裸足にまでなって・・・まさしく土の土間に坐して体感を!!(笑)でも、皆さん和気あいあいとして心地よい風が流れていましたよ♪
b0168041_2038752.jpg
なかなかの秀作ぞろい・・・皆さんイイ感性をお持ちで。焼けたらまたアップしますね~^^

さ~て、ただいま21時前・・・腹が減っては戦は出来ませんが、先ほどのお寺の見積り作業にかかります。頑張るぞ~☆☆☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-06-25 20:44 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  お久... 追えども届かぬ・・・ >>