七夕の夜の奇跡・・・☆

「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・壁にも天井にも施された瓦の土による荒壁仕上げ。
五感に響く土の魅力ほとばしるその風貌に、思わず手が伸びるのは本望です。
さすがにチビッ子達は、繋ぎとして混ぜてあるこの藁が気になるようで、引っ張って引っ張って・・・(^^ゞ
およそ2ヶ月前のオープン以来、そんな土との触れ合いの歴史を物語る痕跡がチラホラ・・・(笑)
b0168041_11561883.jpg
b0168041_11562826.jpg
b0168041_11563774.jpg
完成時、久住さんが後の修繕用にと用意してくれていた荒壁用の土・・・
b0168041_1158653.jpg
朝のちょっとした時間に、これに水を含ませて左官仕事をしてみました。
b0168041_11593553.jpg
素手と指、そして一部はコテを使いメンテナンスしていきます~(^_-)-☆
b0168041_1202846.jpg
b0168041_1203896.jpg
b0168041_1204756.jpg
乾けば違和感なく完成・・・・・・・・するはずです(笑)海外で仕事してたという久住さんからも電話があり、「7月になったら淡路島に帰るから様子見に行くわ~」っとのことなので、心配させないためにも証拠隠滅です(爆)土の壁・・・何年経とうがこうして違和感なくメンテできるのは、その素材が自然モノだからですよね。木・土・石・紙の建築・・・いいですよ☆

昨夜は七夕・・・まさか梅雨の夜にしては奇跡的なまでの快晴無風でした。
奇跡のストーリー・・・そんなロマンティックな天空のドラマと海で向き合えました☆
b0168041_12192520.jpg
織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができたそうな・・・。
b0168041_12212377.jpg
シンプルですがココロに響くストーリー・・・
せめてそんな純粋な二人のチカラになりたく、地上からも架け橋を伸ばした瓦人です。
b0168041_12234816.jpg
Tokina AT-X 107 DX Fisheye / F3.5 / ±0EV / ISO100 / WB3900k / Picture style 風景 / 10mm域 / BULB600秒
星に願いを・・・いい夜のひと時でした☆

※今晩は幼稚園のお泊り保育・・・副会長の瓦人は夕方から園児達みんなと園児たち特性カレーを食べて一緒に寝んねします。夜は花火師&肝試しのお化けに変身しま~す(^_-)-☆ということで、昼休みにサラッと更新~(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-07-08 12:37 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  ほっ... 追加です・・・(^.^)/~~~ >>