a memorial monokawara -はじめの一歩-

夏の光で満たされた「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・ほのぼのと体感される若いお二人です♪
b0168041_15572286.jpg
ブログをご覧いただいているそうで、なかでも「星空の写真たち・・・どこでどんなふうに撮ってるの~?」って、実は何気に一番嬉しい質問に(笑)、水を得た魚のように舌好調で答える瓦人がいました(^◇^)
神戸からお越しの〇〇さん、ぜひ素敵な夜景とともに星の軌跡をおさめてくださいね☆

ずいぶん前に紹介したmonokawara・・・赤ちゃんの出産祝いにと考えたものですが、地に足つけて‘しっかり歩け’との願いを込めて、生まれたばかりの赤ちゃんの足型を瓦にしましたよね。
b0168041_16124182.jpg
変わら(kawara)ぬ幸せを願い、いい思い出になればとお届けしたことが懐かしく・・・。
こちら・・・まだ詳細は未定ですが、いつもお世話になっている筆耕屋さんとのコラボでオリジナル商品化予定です☆

で、今回別件で急な要請によりこれをプレゼンしないといけなくなり、通常は鬼師さんに丁寧に作っていただくのですが、なんせ超特急の仕上げが必要なため、今日の土坐にて瓦人によるプチ粘土細工です☆
b0168041_16193584.jpg
b0168041_16194722.jpg
たった一本のヘラと指のみ・・・四苦八苦してなんとか完成です(^^ゞ
それにしても桟瓦用の粘土はサクくって難しい~(~o~)
b0168041_16212322.jpg
b0168041_16211214.jpg
これを乾燥炉に入れ、明日の窯にて焼成です。土曜日には焼けてきますのでご心配なく~(^.^)/~~~

でも、瓦の存在価値ってこういうところにも宿っていますよね。工業製品でありながら、‘人のココロをグッと惹きつける’・・・こういう可能性も無限に秘めたmaterial(素材)であるということをもう一度認識していただくイイ仕掛けだと思います。この足型による「はじめの一歩」のみならず、発展的に・・・手のひらを広げての「はじめまし手(笑)」とか、赤ちゃんに限らず例えいくつになっても「まだまだ一歩」とか「再び一歩」、「ふんばりどころ」、「地に足つけて」・・・etc. ご自分でタイトルを決めていただいて全然結構です。すべて・・・みんなの喜ぶ顔がそこにありそうですから♪

皆さんもどうですか?一生の記念に、または大切なanniversaryに・・・。
家族(夫婦・恋人)のココロを一つにしてくれる、そんな「瓦」を考えてみた瓦人です♪
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-07-21 16:58 | 瓦人
<< from the car wi... 星の光に見守られ・・・☆ >>