平成の世(夜)にこの風景を詠めば・・・

b0168041_14223441.jpg
棟込飾り瓦・・・オリジナルな花菱柄がデザインされた風流な部材です。先日、葺き替え工事が着工された讃岐の神社から回収したものですが、数百はあったでしょうか・・・すべて水洗いを済ませました。
b0168041_15141610.jpg
こうして組み合わせて積まれ、以前はこんな感じの意匠を表現していました。
b0168041_15153749.jpg
裏側には、現在では銅線等を通す穴が空けられるはずの柄がついています。
b0168041_15165034.jpg
すべて木型で手作りされていたことがうかがい知れます。予定ではこれを再焼成して、またキレイないぶし銀へと化粧され、ふたたび屋根でその雄姿を披露します。先人の智慧に対するリスペクト・・・こうしたカタチで表現できるのは、素材としての土のチカラの賜物ですね。瓦って素晴らしい☆

淡路島の北端にある絵島・・・その昔、西行法師が詩に詠んだ神秘的な島。
b0168041_152694.jpg
平成の世(夜)にこの風景を詠めば・・・『千鳥なく 絵島の浦にすむ星を 天に描いて見る今宵かな』 by 瓦人
b0168041_15273318.jpg
自然を愛で、詩に詠う感性・・・今の世においては大切ですね(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-08-21 17:27 | 瓦人 | Comments(8)
Commented by boo-boo-amachan at 2010-08-21 19:00
瓦もまた、次の担い手へと伝統・価値を繋いでいますね。

何でも新しいモノがいい!
また造ればいい!

そんな考えを見直させてくれますね!

しかし、どこでも行きますな~。
これは岩屋でしょ。
周囲の明るさに負けず、星の軌跡をキャッチしましたね~。
Commented by ケータロー at 2010-08-21 23:40 x
瓦人俳句に思わず座布団3枚あげたい感じです~。(笑)
更に5枚あげたいのは・・・やはり、絵島と星の軌跡。

amachanも言ってるようにココはかなり光量が多いはず・・。
TPO関係なしでキャッチで出来るんですね。
Commented by ネロリ at 2010-08-21 23:49 x
夕方、そらみどうさんで『島空』たちを見せていただきました♪
素敵な星たちでした。。。
立ち止まって見入ってると、雪のように降ってきそうに見えました。
円を描いていたり、船や花火と写ってるのも素敵でしたが、
あまり何もないところにほわんと写ってる星の写真が好きで・・・
ご説明いただいたように、南あわじの空の星!
キレイでしたね。
丸山の風車の遥か上を流れていた星の写真に心奪われて
しばらく見入ってしまいました^^
久しぶりにゆったりしたいい時間が過ごせました~♪

Commented by お洒落な屋根 at 2010-08-22 07:44 x
この形状でしたかぁ?。正式名称は、「土板花菱ちょぼ付き矢印棟込み飾り瓦」でしゅね♪(笑)
こういう瓦を、洗ったり、窯に入れたり、施工したりすると、
昔の職人さんと、会話がなりたちますね♪(o≧▽゚)oニパッ
Commented by 瓦人 at 2010-08-22 10:43 x
boo-boo-amachanさん
そう~、まさしくスクラップ&ビルドを繰り返してきた現代建築に警鐘です☆
本当のエコって、こうしたストーリー性を持たせたモノ作りが生む‘ココロのエコ’の達成だと思います。
それが結果として、あらゆる数値的なエコとして必ず現れてくるはず・・・。
絵島・・・個展の直前に走りました。
ライトアップされてる被写体と星空のコラボ・・・まさしくやりがいがありますよね。
難しかった~(*^^)v
Commented by 瓦人 at 2010-08-22 10:50 x
ケータローさん
え~、西行法師の替え詩程度の作品に3枚もいただけますか~m(__)m
絵島のライトアップは、やはり幻想的でした。
遥か昔より人を魅了してやまない神秘的な存在感は、まさしく絵になる島ですね。
ケータローさんも魚眼を持って是非~。
悠久の時を越えて響く声(音)に耳を傾ける時間・・・必要ですよ~。
Commented by 瓦人 at 2010-08-22 10:56 x
ネロリさん
うわぁ~、来てくれたんですね~、ありがとうございます(*^_^*)
その場その場で感じた心象風景イメージです。
どんなモノの上にも、きちんと変わりなく星は巡ってるんですよね☆
いくつになっても、ロマンティストでいることって大事です。
そろそろ恥ずかしいですが・・・(^^ゞ
でも、そんな視点で日常を見ると、豊かなその表情にもって気付けます。
いい時間を感じてくれて嬉しいです。
ぜひ眺めて下さいね、日々包まれている環境の表情を(^.^)/~~~
Commented by 瓦人 at 2010-08-22 10:58 x
お洒落な屋根さん
こんな形状でした~。
装飾瓦が文化である讃岐には、こんなのがいっぱいです。
そのままの施工方法での復元は、いろんな意味で難しいですが、
工夫してイイ活かし方をしたいですね~。
昔の職人との会話・・・これぞまそしく伝統産業の醍醐味ですね。
<< 夏休みの宿題の追いこみに~(^... さすらいのトラック野郎  続「... >>