火入れ式・・・強く結びつく想い

All photos by さすらいのトラック野郎(*^^)v
b0168041_18191079.jpg
先日お伝えしたように、今日は火入れ式でした。神聖なる準備の整う工場に、朝からいい緊張感が漂います。お世話になっております東内つとむ商店さまにご案内されて、徳島は鳴門からこの度の施主さまであるくすの木建築研究所さま、そして工務店の社長さま達にお越しいただきました。忘れられつつある、瓦も含め日本建築の根源的な魅力を、これから建築に携わる者としてどう伝えていくか・・・そんな同世代だからこそ自然と共有し合えるお話をさせていただき、大変有意義な一日となりました。

b0168041_1826398.jpg
粛々と執り行われる火入れ式・・・土に火を入れるという行為に、皆一様にココロに響くものがあったようです。
b0168041_18265222.jpg
b0168041_1827281.jpg
深い哲学の込められた‘生’という文字・・・この込める想いとともに瓦を焼きあげます。
b0168041_18281317.jpg
b0168041_18282484.jpg
b0168041_18283421.jpg
「ありがとう」「生」「用の美」・・・今回はご要望により瓦への名入れ式に3枚の粘土瓦を用意させていただきました。それぞれ用途をイメージされての名入れです。こうしてささやかではあれど、この先長きにわたり続くであろう物語が綴られる、まさしくその始まりの瞬間です。連れられたお子様もその立ち会ったしるしを・・・
b0168041_18324947.jpg
b0168041_1833124.jpg
b0168041_18332495.jpg
本当にありがとうございました。まさしく感性価値溢れる時間を共有できたことが、作り手としても嬉しい限りです。あとは責任をもって焼き上げ、現場までお届けしたいと思います。いついろさんに織っていただいた瓦の土と煤で染められたストール・・・式も終り、無事に役目を全うしたその姿に、込められる想いたちの強い結びつきのその様が如実に表れているように感じました。
b0168041_18401616.jpg
きっといい建築物語を達成しそうです。
火入れ式のその後・・・この先続くストーリーが、皆さまにとって魅力的なものでありますように・・・(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-09-11 18:44 | 瓦人 | Comments(4)
Commented by boo-boo-amachan at 2010-09-11 22:18
火入れ式からスタートする物語。
家族を守る瓦の価値が再認識されるはずです。

皆さん、いい笑顔で家路に向かったんやろな~。

で瓦人さん、最近、綺麗めな服装やんな~。
いい感じです!(笑)
Commented by ケータロー at 2010-09-11 22:42 x
なんでも簡略化の進む今の時代、こうして新たなスタンダードが生まれることは
ほんと素晴らしいことで日本人としての誇りをもう一度呼び覚まされた感覚におそわれます。
すべてのものに由来と意味があった日本古来の儀式やしきたりを
今の我々の世代が見直していくべきですよね。

Commented by 瓦人 at 2010-09-12 16:34 x
boo-boo-amachanさん
こればっかりは瓦以外の屋根材では似合わないですよね~。
瓦として誇れる価値・・・十二分に発揮できました。
それも理解あるこうした施主様がいらっしゃればこそ・・・
またこうして同世代の建築家さんの活躍に期待したいですね。
日本はこんなもんじゃないやろ~宣言!!ここに発表です(*^^)v
最近の外回りは、身だしなみにも注意です。
県とか、市とか、いろいろな打ち合わせに顔出しする機会が増えたので
いつでもどこでもokなようにプチカジュアルに・・・。
え、作業着でエエやんって?(笑)
Commented by 瓦人 at 2010-09-12 16:37 x
ケータローさん
火入れ式を標準化・・・いいかもしれません(笑)
感動していだたくモノ作りは、やはり遣り甲斐に通じます。
日本人の五感に響く瓦の価値・・・そこを魅せないと瓦の存在価値がゆらぎます。
業界はそこを忘れ過ぎてきたんですね~。
気付いた者から取り戻していかないと♪
頑張りますよ~(^.^)/~~~
<< 感謝のshirushi これ以上も以下もない価値・・・ >>