国生み神話芸術祭2010

小さな小さな漁港にある、秋の夜物語・・・「as usual ~日本色~


昨夜、ギャラリーを閉めてからなんとか駆けつけました『国生み神話芸術祭2010』・・・そのスケールの大きさに圧倒されました。
b0168041_17302622.jpg
総合プロデューサーである中本さんのもと、素晴らしいタレントのスタッフたち、そして全国から集まってきたボランティアスタッフの皆さんが、ただただ純粋に地域を盛り上げたいという想いのもと、圧倒的なまでに活動していました。人の想いとはこれほど強いものであるのかということと、それが結集すればこんなにも素晴らしいイベントを成し遂げることができるのかということを、まざまざと体感出来ました。

b0168041_173852.jpg
b0168041_17381694.jpg
そんな想いの集大成・・・光が舞い集う舞台、夏の夜の野外神話劇「神かたり」、その幻想的なお芝居は、集まったすべての人々を魅了し、見事に溢れる光とともにエンディングを迎えました。
b0168041_17384123.jpg
b0168041_17385293.jpg
イザナギ・イザナミによる国生み神話・・・まさしく天からの光も降りそそぎ、‘起こり’‘始まり’を象徴するに素晴らしい一日となりました。人の想いのチカラは計り知れず、それはまた広がり、繋がり、これが始まりとなりまた大きな取り組みへと飛躍しそうです。関わったすべての人々に感謝するとともに本当にお疲れ様でした。また打ち上げにも参加させていただき・・・、そんな素晴らしい出会いにも感謝いたします。
b0168041_17464479.jpg
本当にすごかった。感動しました。また大いに勉強にもなりました。淡路島には有志でこれだけのことを出来る人達がいるんだということを知り、それがまた自身の勇気にもなりました(*^_^*)皆さん、この淡路島で活動する素人企画集団の皆さんの今後の活躍は大いに注目ですよ~。また何かでご協力できることがあれがお手伝いさせていただきたいと思います(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-09-20 17:52 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by boo-boo-amachan at 2010-09-20 20:17
考えることは簡単でも、行動を起こすのって勇気が必要で大変じゃないですか?

実際、現場にはいてないけど、ブログを見てる限り、皆さんの行動力は素晴らしく、
勇気をもらえますね!

そして、エンターテイメントチックな演出も感動を呼んだことでしょう。
こうして足を運ぶことも同じで、動くことの大切さを改めて感じましたね!
Commented by 瓦人 at 2010-09-20 21:49 x
boo-boo-amachanさん
本当に凄いイベントでした(~o~)
大きなイベント企画会社によるものと遜色ありません。
その地にある価値を、その地の人たちで盛り上げてる分、こちらのほうが勝っています。
すべてのモノ・コト・ヒトが‘プロ’でした☆
これはぜひ行って欲しかった~。
何事も・・・行動を起こすことって大事ですね。
ココロ温まる、そしてココロ奮い立つ秋の夜でした(*^_^*)
Commented by ケータロー at 2010-09-20 22:32 x
素晴らしいイベントだったようでしたね。
幻想的な光に浮かぶ国生み神話、臨場感もたっぷりのようにうかがえますね。
それをコンポジってる瓦人さん・・かなりイケてますよ~。(笑)

人を魅了する企画力にもますます磨きがかかる良い刺激になりましたね。
Commented by じゅんべー at 2010-09-21 09:26 x
お~!

ん~!

わ~!

これは、ほんとに実際体感しておかなければいけないイベントでした。。
間違いなく平日には行なわれないですよねぇ~~^^;

またじっくりお話聞かせてちょうだい☆よろぴくです!
Commented by 瓦人 at 2010-09-21 18:54 x
ケータローさん
もの凄いイベントでした☆
我々素人の思い描くイメージでは、計り知れないスケールでした☆☆☆
星空撮影は、個展で飾った写真たちを是非にとディスプレイしてくださったこのイベントに対するせめてもの恩返し・・・。
ホントに人の想いの強さと、それが生み出すものに感激しました(*^_^*)
Commented by 瓦人 at 2010-09-21 18:57 x
じゅんべーさん
ホント・・・‘体感’が必要です。
音と光、そして肉体によるパフォーマンスがすべて絡み合った演出に感動しましたよ~。
間違いなく週末イベントですね(^^ゞ
またじっくりとその感動を・・・お裾分けします(笑)
<< さすらいのトラック野郎  お久... 芸術の秋・・・ >>