小さなことからコツコツと・・・

今日は朝の6時半からずっと出荷の段取りで瓦を梱包してたような・・・(+o+)
大型トラックや先方車のお引き取りの瓦達・・・すべてその先でいぶし銀の屋根がまた広がりそうですね。
そう思いながら外は雨でも工場内で梱包しまくってました(*^^)v

さて、昨日の続きで瓦製造のワンポイント工夫をご紹介・・・
弊社では、ラインで流れる乾燥白地にもセンサーでの行儀選別工程があり、こうして一枚一枚乾燥ねじれを検品していきます。
b0168041_1734475.jpg
これを通過した適合品は、昨日お伝えした吐け土をかけられ、下のようにズラッと焼成コンテナに積まれていきます。
b0168041_175623.jpg
b0168041_1773256.jpg
その積み込み作業は人の手によるのですが、先ほどの乾燥白地の選別により、コンテナに積み込む奥行きを微調整します。土は生き物・・・その日その日でクセがすべて違い、また極端にいえば、一日のうちでもダンプ一杯ごとに微妙に変化します。当然乾燥白地にもねじれのクセが表れ、そこでセンサーで選別される白地の流れを常に確認し、その日その時のクセを見極めます。そしてコンテナに積み込む際、ムコウパネ系、シリバネ系を判断し、積み込む深さを変えるのです。そのための目安となる印を金型の裏に刻んであり、これを基準に深く積むか浅く積むかを調整しているのです。
b0168041_17141471.jpg
ちなみに深く積めばムコウパネに、浅く積むとシリパネとなります。極端に深くまたは浅く積んで、例えば反った屋根には必要な場合もある意図的なハネの瓦を作る時もあります。その際にもこの印は便利なんですよ~。といっても完全にはコントロール出来ませんが、これで歩留まり数値が大幅に向上したことは事実です。人が変わっても品質安定に貢献する・・・小さな工夫ですが、大きな効果を発揮します☆最新の全自動工場では不必要な部分かもしれませんが、こうして人の目と経験と感って結局はいつまでも大事です。真心製造・・・小さなことからコツコツとですね(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-09-30 17:34 | 瓦人
<< 支え合い・・・、分かち合い・・・ さすらいのトラック野郎  雨・・・ >>