☆ガーデン ルネッサンス2010☆

赤のいざない・・・東浦町の道端で素敵な道を歩みました☆ → 「as usual -日本色-


b0168041_18475443.jpg
昨日、夕方から盛大に開催されました「夢舞台ガーデンルネサンス2010」披露パーティー・・・世界中からお越しいただいた人々で会場は大いに盛り上がりました。エントランスにてお迎えする㈱タツミさん制作によるkawara-wall☆
b0168041_18522793.jpg
透かし彫りによる瓦レリーフが大変美しく、海外の人もそのいぶしの魅力に釘付けでした。
b0168041_18533077.jpg
さり気なくディスプレイされた瓦スツールの印象はどうでしたでしょうか(^.^)
b0168041_18542770.jpg
円坐ももったいないほどの英語版プロモーションパネルで紹介されています♪
b0168041_18554487.jpg
b0168041_1856253.jpg
日の暮れた植物館は最高にエモーショナルな空間でした☆業界人でこそ見慣れた瓦オブジェも、海外の人には大変印象深かったようで、いたるところで活躍する‘ibushi’の素晴らしさを改めてアピールできたように思います。
b0168041_18575859.jpg
b0168041_1952857.jpg
b0168041_1953979.jpg
夜の円坐-maruza-は、いっちょまえにセクシーでした(^.^)/~~~
一緒に出席していた久住さん制作の土壁も、夜のライトアップでなおさら迫力がありました。
b0168041_19145190.jpg
子供たちのミュージカルをかわきりに、さぁ~パーティーの始まりです☆
b0168041_19161046.jpg
b0168041_1919537.jpg
奇跡の植物館の総合プロデューサーであるガーデンデザイナー辻本先生からの今回のコラボレーター紹介にも、とりあえず「thank you」を連発していた瓦人です(^^ゞ なんせ、この大勢の前にさらされるんですから(汗)本来ホスト的立場のはずが、完全にアウェー状態((+_+))、海外旅行にでも来ている感覚に陥るほど雰囲気にのまれていました(笑)

淡路島を中心に兵庫五国の伝統工芸品がモダンでスタイリッシュにデザインされ、21世紀のネオジャポニズムを提案した今までにない新しいスタイルの「ジャパネスクガーデン」は、無事皆さんのココロに響いたようです。なかでも瓦というものの存在価値を知ってもらえたなら嬉しいですね。こうした経験の積み重ね、またご縁の繋がりの大切さを痛感し、これからも現状に甘んじることなく、溢れる情報に対して敏感に感性を研ぎ澄まし、柔軟な発想と積極的な行動力にて瓦の可能性を追求していきたいと思います。と、難しく言うよりはシンプルにkawaraを楽しみたいと思います(^.^)/~~~
b0168041_19292695.jpg
b0168041_1929432.jpg
頑張りま~すm(__)m
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-10-15 19:33 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎  角さ... さすらいのトラック野郎  久し... >>