design×kawara

先週のこと・・・神戸芸術工科大学の皆さんにギャラリー土坐へとお越しいただき、産学連携プロジェクト授業の一環として瓦坐作りを体感していただきました。
b0168041_17184444.jpg
プロダクトデザイン学科・・・身近な生活用品から、ユーザーインターフェイスまで、未来の生活をデザインする視点を追求されている学生さんたちには、瓦という素材、形状、歴史、文化はどのように映るのでしょうか。固定観念や経験による技術的限界など気にしない、柔軟で客観的な視点をもってこの素材に挑むと、まだまだその可能性は計り知れないのかもしれません。センシティブな視点やプロ(プロのタマゴ)らしいデザイン力等、大いに参考になりました。
b0168041_17275974.jpg
b0168041_1728930.jpg
b0168041_1728189.jpg
感性豊かな若者たちにより料理された瓦たち・・・緊張感をもって焼かせていただきます。って、今朝の窯で火入れ済みです(^.^)でも、ありがたいことです。こうした取り組みを通して若者が伝統建築・伝統建材に少しでも理解が深まればいいですね。デザインに敏感な次代の人達が、和瓦というものの本質に触れ、その長けた審美眼をもって瓦デザインの可能性を大いに引き出していだたければ幸いです。本プロジェクト指導関係の皆さま、その他お世話になった皆さま、ありがとうございます。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-10-18 18:11 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by ケータロー at 2010-10-18 19:34 x
瓦人教授の瓦講座は学生達に新たな文化やアートの広がりを感じさせたかもしれませんね。
そのかわり、現代の若者のセンスを目の当たりにできたのは収穫でしたね。

こうした感性の交換の場である土坐はこれからもいろんな発想の生まれる場であると信じてなりません。
もはや、ギャラリーの域は軽く越えていますよ。

まだまだ、進化していきそうな感、アリアリです。
Commented by 瓦人 at 2010-10-18 22:05 x
ケータローさん
いやいや、瓦人は導入の説明だけで、ものの30分でガーデンルネッサンス・パーティーへと走ってました^^;
この日はスーパー忙しかったのです。
目の当たりにしたかったな~。
でも、きっちりと用意したデッサンは素晴らしかったな~。
それこそもっとプロ仕様の粘土と道具を用意してあげたかったぐらいです。
でも、瓦の感性価値創造ギャラリーを標榜する土坐・・・
新鮮でクリエイティブな空気がビシバシ飛び交ってたのは事実だと思います。
また何かに繋がればいいですね。
Commented by boo-boo-amachan at 2010-10-18 23:09
いや~、オレもそう思うな~、瓦人教授☆

学生さん達には、生瓦人さんの影響が大きいように思いますね!

でも、いいですよね!
それはそれで。

立派な人から影響を受け、それを自分なりに模索して形にする!繋げる。

そこから新しい発見が、その出会いの数だけ生まれるかもしれないので!

そんな空間だね~土坐は!!
Commented by じゅんべー at 2010-10-19 08:22 x
いや~、やっぱすごいですね~。

この小さな小さな瓦から


まだまだ無限の可能性が見えてきますね!



^^;
Commented by 瓦人 at 2010-10-19 14:52 x
boo-boo-amachanさん
いやいや、ホントにちょっとしか話してませんから(^^ゞ
生瓦人・・・パーティー行く前で変なシャツ着てたから怪しいオッサン的印象だったことでしょう(^.^)
でも、若いっていいですね。
またみんなが友達を連れて遊びに来てくれたら嬉しいです。
そんな出会いがイイですね~☆
Commented by 瓦人 at 2010-10-19 14:54 x
じゅんべーさん
いや~、毎年のコラボの一環で土坐をご提案いただいただけですよ~。
でも、何かに繋がれば幸いです☆
無限の可能性・・・見えますか?(^.^)/~~~
<< kawara-nu-ai ☆ さすらいのトラック野郎  今日... >>