瓦が灯す未来へと続く道・・・☆

b0168041_20502822.jpg
日の暮れる少し前・・・なんとかお邪魔することが出来ました香川県にある四国村・・・瓦哲さんご夫婦が瓦のために頑張っておられます「四国のあかり展2010」会場です。かずら橋を渡ればそこは途端にタイムスリップ・・・四国各地からそのまま移築された重要文化財建物等が点在する古き良き日本の原風景を体感できる素晴らしい光景が広がります。
b0168041_2054583.jpg
b0168041_20541649.jpg
b0168041_20542518.jpg
b0168041_20543726.jpg
こちらが瓦哲さんたち「小町庵」が瓦と光のインスタレーションで魅せる砂糖しめ小屋・・・。
b0168041_20561756.jpg
初秋にしては冷たい風に揺れる暖簾をくぐれば広がる幻想の瓦世界です☆
b0168041_20571989.jpg
b0168041_20573856.jpg
ジャパニーズデザイン・・・やはり普遍の価値たる風格が漂います。瓦って美しいものだと改めて思い知らされますね。
b0168041_20584417.jpg
b0168041_20585747.jpg
この二体の古代鬼面灯りは、なんと瓦葺き師である瓦哲さんの自作!!!!!!! 焼成するためにお預かりしてビックリ・・・本格的な出来栄えに感動しました(+o+)そのほか伝統工芸士さんや本職の鬼師さん達の作品とのコラボレーションで魅せる鬼灯りが訪れる人を出迎えてくれます。
b0168041_2144511.jpg
b0168041_2153456.jpg
b0168041_215477.jpg
b0168041_216134.jpg
まだまだ紹介し切れない灯り瓦の数々がそれぞれディスプレイされています。こちらではまた瓦コースター&瓦ネックレス作り体験も出来ます。週末は残念ながら大雨に降られましたが、残り水曜日の祝日まで開催されています。芸術の秋・・・ぜひぜひ讃岐うどん巡りもかねて、この素晴らしい世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか(^.^)/~~~
b0168041_21135365.jpg
時代の窓・・・今一度、振り返ってみることが今の日本には大切だと思います。
b0168041_21144225.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-01 21:14 | 瓦人 | Comments(8)
Commented by ケータロー at 2010-11-01 22:16 x
津井の若手瓦師も凄いですが、讃岐の瓦葺き職人さん、素晴らしい感性と技術をお持ちなんですね。
自作の鬼面まで出展されるとは完全に職人さんの枠を超えてます。
瓦人さんも素晴らしい好敵手・・いやいや、お得意様といい関係を築いていますね。

今の時代だからこそ、こうした人達が自然と引き合うでしょうね・・本質を求めて。。
そう思えば、この時代も満更ではありません。
好景気を真っ直ぐ突っ切る時代も好し、変動する時代のなかで
模索し本質を追求する同志達が業界を引っ張る時代も尚好しです。

少し重たくなりましたが、、このあかり展、今年はうどん巡りも兼ねて
3日にお邪魔しようと計画してましたが勘違いで柔道の試合とバッティング・・。(涙)
去年のブログアップの時に今年は!なんて思っていたんですけどね・・なかなか上手くいかんものです。
Commented by boo-boo-amachan at 2010-11-01 23:17
四国各地から重要文化財建物を移設する環境に、先ずビックリ☆

そして、その環境を活かすプロの方の技術と感性に、またビックリ☆

瓦人さんのブログより・・・
実はコッソリお会いしたいと思ってたのが瓦哲さん夫婦。
チョクチョクブログもみてて、その感性、人間性に魅力を感じてました!
あくまでもブログからですが・・・(笑)
Commented by 瓦人 at 2010-11-01 23:35 x
ケータローさん
そうそう、凄い気合いなんです☆なかなか出来るものではありませんよね。
そこは職人のサガ・・・やはり自分で納得いくまで仕上げないと済まないものです。
預かって焼き上げるのも、そりゃ~緊張した~(~o~)
この灯り展・・・ほかにも土佐和紙や庵治石など、いろんな伝統産業・工芸の皆さんが、それぞれ文化財の中でいろんな灯りをもって頑張っています。
そうだ、このイベントは日々遅くまでやってますよ~。
何気に日が暮れてこそ本番なんです☆
ということで、柔道が終わってからゆっくり高速で向かっても十分です。
ぜひぜひ‘わらや’さんでうどんを食べて、幻想の世界を歩いてみてください(^.^)/~~~
Commented by 瓦人 at 2010-11-01 23:39 x
boo-boo-amachanさん
そうなんです、文化財のまさしく中でこれらが行われてるんです~(~o~)
まさしくキセキの世界です☆
この建物の内外部の風情がまた雰囲気を盛りたてるんですよね~。
そこで堂々瓦と光のインスタレーションを完成させるお二人・・・ぜひ祝日に行ってみてください(^.^)/~~~
出会いはまた自己の成長に繋がります。
子供たちも楽しいと思うよ~。わらやさんでのうどんも兼ねて♪
Commented by 瓦哲 at 2010-11-02 00:54 x
お~。私なんぞ恥ずかしい限りです。
‘四国のあかり展’には、その道の‘本物’が集まっております。作品・技術が素晴らしいのは当然の事ですが、何より凄いのが‘人間性’です。
作品を見て回るのも楽しいですが、各ブースの作家さんとお話をするのが、より、面白いかも?
Commented by 瓦人 at 2010-11-02 07:02 x
瓦哲さん
いやいや~、毎年洗練されていってますよ~。
夫婦の協力で成し遂げる・・・微笑ましく素晴らしいことです(*^_^*)
そうそう、本物が魅せるイベントだからこそ、長く続くものだと思います。
瓦自体もそうですよね。
今年もあと二日・・・できるだけ多くの人にお越しいただければいいですね。
毎日遅くまで大変ですけど頑張ってくださいね~(^.^)/~~~
Commented by じゅんべー at 2010-11-02 12:03 x
ん~刺激的で神秘的ですね~!

こんな所が淡路島にもあって、淡路島の瓦職人さんたちにこんな事やってほしいと思う今日この頃です!

こんな空間に入り浸りたいです~~(~o~)

Commented by 瓦人 at 2010-11-02 18:56 x
じゅんべーさん
村全体がなんとも言えないノスタルジックな雰囲気で包まれています。
そうそう、淡路島にこそあればエエのにね~。
瓦も魅せ方の時代・・・人が集まる仕掛けをつくらないといけませんね。
土坐はそんなきっかけです(^.^)/~~~
<< 21世紀レトロ・・・ さすらいのトラック野郎  霜月。 >>