瓦が灯す未来へと続く道・・・☆

b0168041_20502822.jpg
日の暮れる少し前・・・なんとかお邪魔することが出来ました香川県にある四国村・・・瓦哲さんご夫婦が瓦のために頑張っておられます「四国のあかり展2010」会場です。かずら橋を渡ればそこは途端にタイムスリップ・・・四国各地からそのまま移築された重要文化財建物等が点在する古き良き日本の原風景を体感できる素晴らしい光景が広がります。
b0168041_2054583.jpg
b0168041_20541649.jpg
b0168041_20542518.jpg
b0168041_20543726.jpg
こちらが瓦哲さんたち「小町庵」が瓦と光のインスタレーションで魅せる砂糖しめ小屋・・・。
b0168041_20561756.jpg
初秋にしては冷たい風に揺れる暖簾をくぐれば広がる幻想の瓦世界です☆
b0168041_20571989.jpg
b0168041_20573856.jpg
ジャパニーズデザイン・・・やはり普遍の価値たる風格が漂います。瓦って美しいものだと改めて思い知らされますね。
b0168041_20584417.jpg
b0168041_20585747.jpg
この二体の古代鬼面灯りは、なんと瓦葺き師である瓦哲さんの自作!!!!!!! 焼成するためにお預かりしてビックリ・・・本格的な出来栄えに感動しました(+o+)そのほか伝統工芸士さんや本職の鬼師さん達の作品とのコラボレーションで魅せる鬼灯りが訪れる人を出迎えてくれます。
b0168041_2144511.jpg
b0168041_2153456.jpg
b0168041_215477.jpg
b0168041_216134.jpg
まだまだ紹介し切れない灯り瓦の数々がそれぞれディスプレイされています。こちらではまた瓦コースター&瓦ネックレス作り体験も出来ます。週末は残念ながら大雨に降られましたが、残り水曜日の祝日まで開催されています。芸術の秋・・・ぜひぜひ讃岐うどん巡りもかねて、この素晴らしい世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか(^.^)/~~~
b0168041_21135365.jpg
時代の窓・・・今一度、振り返ってみることが今の日本には大切だと思います。
b0168041_21144225.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-01 21:14 | 瓦人
<< 21世紀レトロ・・・ さすらいのトラック野郎  霜月。 >>