21世紀レトロ・・・

try a season on ・・・ 季節の試着 → 「as usual-日本色-


b0168041_18472150.jpg
讃岐にて・・・まさに現代の生活にとけ込み生き続ける現役‘レトロ’です。
b0168041_1850183.jpg
ノスタルジックな光景は、なにも昔の写真ではなく、今を生き抜くリアルな風景です。
何かしら力強いメッセージをもって五感に訴え、こうして惹かれる光景にはやはり瓦屋根の存在があります。
b0168041_18521597.jpg
讃岐にもあったんですね、農民車☆ナンバーもなく公道を走れるのは淡路島だけと思っていました(^^ゞ
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-02 18:55 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by お洒落な屋根 at 2010-11-02 19:37 x
おー!これは、オート3輪オープンカー改でしゅね♪
ダイハツか?東洋工業(マツダ)か?・・・今一わかりませんけろ、
丸ハンドルと言う事で♪、年式は、私と、同級生の年式です。(笑)
この屋根は、蛇の目中堀、しのぎ桟、56中深と言う所でしょうか?(目測)
これも、同級生(笑)もしくは、ちょいと先輩かな??
この、半世紀、瓦屋根、瓦業界は、どのように変化、したでしょうか?
そのまま、の方が、良かったりして・・・・(笑´∀`)ヶラヶラ
Commented by ケータロー at 2010-11-02 21:23 x
三輪式は農民車のなかでもプロトタイプ的存在!
しかもウインカーが付いてるところがミソです。
よく見つけましたね!軽~く、農民車マニアだったりします。(笑)

基準を満たさずとも、公道を堂々と走りきるその文化・・
これこそ!瓦葺き玉ねぎ小屋と同様、残していくべき日本の文化ですね!
Commented by 瓦人 at 2010-11-02 23:20 x
お洒落な屋根さん
シブイでしょ~、この同級生♪
シブイと言えば、シブイを反対から読むとイブシ・・・
このイブシ瓦もシブイですよね~(^.^)/~~~
讃岐の古瓦はおそらく64判がほとんどです。
幅8寸-足7寸ですね(*^^)v
あかん、スケール持ってたのに測ってくればよかった~。
まだまだお洒落な屋根大先生には瓦キチガイ度が及びませんね~。
修行、修行~。
今の日本・・・あまりに変な方向に向かうからこそ、こうして古き良きものへの渇望が高まるんですね。
そのままでイイのにね^^
Commented by 瓦人 at 2010-11-02 23:23 x
ケータローさん
なんせ国道端にありましたからね~。
最近はノスタルジーモードで撮るのにハマッテマス☆
こうした被写体にはもってこいなんだな~これが。
古き良きものたちを、ノスタルジー扱いだけで終わらせたくないですよね。
これが鮮明な写真(風景モード)へと変わるとき・・・時代も再び良き時代へと戻ってるかも♪
Commented by じゅんべー at 2010-11-03 08:43 x
これはこれは!^^
農民車には、同じく魅かれます☆
讃岐でも大活躍のようで嬉しく思いますね~☆
んでまたこれは渋すぎる!
三輪とは、親父の若かりし頃の写真を思い出すぜよ~!
(コメント中に高知の常連様からの予約電話が…^^)
おっと、瓦だ瓦!
この瓦は、古くてこのお色なのですか~?
色んな表情があるもんですね~☆
Commented by 瓦人 at 2010-11-03 12:29 x
じゅんべーさん
それはそれはの農民車です(*^^)v
あったんですね~、ここにも。
して、これはシブイよ~。
現役の匂いがプンプンですから♪
瓦もそう、長く続くものはやはりシブイのです☆
そして飽きません!!!
やっぱ本物の時代ですよね~(^.^)/~~~
<< 瓦垣・・・淡路島にある土・瓦景 瓦が灯す未来へと続く道・・・☆ >>