四国路にて・・・

タバコ屋・・・土壁とレトロな左シノギ桟瓦がお洒落です。
b0168041_19105614.jpg

今日、四国路で出会った‘日本’の美しい風景です。

古民家・・・屋根の大きさと、壁に対する窓の大きさのアンバランスさこそレトロモダンのヒントです。
b0168041_19121578.jpg


大地にある海・・・黄金色に包まれての仕事は、美しく見えてもさぞ大変なことでしょう。
b0168041_19195698.jpg
b0168041_1920714.jpg


日本経済を牽引するかのように活躍する一流のビジネスマンも立派な仕事・・・
それも含めてすべての人の腹を満たすための命の源‘食’を生みだすこの仕事もまた大切な仕事・・・

比較しようのない価値の相関関係にふと思考をめぐらせてみたり・・・。

道端にあるどんな風景からも、いろんなことが勉強できます。

とくに若い世代の人達こそ、そんなことを思って日常の風景を眺めてほしいと思います(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-12-17 19:35 | 瓦人 | Comments(4)
Commented by ケータロー at 2010-12-17 22:52 x
表現力、メッセージ性の強い良いブログですね。
やはり、瓦人さんはこうでなくっちゃね~♪

古民家の窓に映る紋様が妙に気になりますね。
なんか一枚一枚が昔の原風景を映し出しているように見えますね。
その窓からいろんな時代の風景を見てきたからでしょうかねぇ。
Commented by 瓦人 at 2010-12-18 07:06 x
ケータローさん
いやいや、逆に言葉が出てこなくて・・・(^^ゞ
でも、道端にある大切な価値に目を向けることって大事です。
シンポジウムで主張したことが、誰かのこうした行動に繋がってほしいと思います。
古民家のガラスは、おそらく手作り・・・
すべてに歪み(個性)があるから、映すものにも個性があります。
それこそイイこと言いますね~。
この窓を開けて向こう(いい時代)を見てみたいですね(^.^)
Commented by boo-boo-amachan at 2010-12-18 08:58
当たり前に過ぎゆく風景に
ふと、足を止めてみる

そんな余裕が無くなったのか、満たされ過ぎる世の中がそうさせたか?

いずれにせよ!
瓦人さんのメッセージは、これから多くの方に届くでしょう。
それは、このブログを観たオレも伝える側の一人にならないかもしれません・・・

Commented by 瓦人 at 2010-12-18 12:26 x
boo-boo-amachanさん
ということで、昨日は350キロの旅の途中、3度だけ車を停めたことになります(^.^)
急いでたら思わず‘まぁ、エエか~’って見過ごすんですが、
一期一会を大事にしないと、その先に続く‘幾会’も逃しそうで・・・(^^ゞ
amachanのココロには響いてくれてそうですね。
それだけで十分です☆
<< アリガタイ イタズラ・・・ 成長戦略特区構想 -あわじ環境... >>