展覧会のご案内・・・^^

今日は工場任務に、日経新聞さんの取材に、行政関係者&淡路島で活躍する人達との地域活性化の打ち合わせにと・・・
なんともテンパッてたなかにも、充実した一日^^

ということで、自分のことは書くことがなく(+o+)、お世話になっている方々からご案内いただいている大切なお知らせを。
冬の淡路島・・・さまざまなジャンルで活躍される方々による展覧会のご案内です(^.^)/~~~

いつもお世話になっている樂久登窯さんでは・・・
ギャラリー枯淡さん主催 『枯淡 ─すぎゆく茶陶─
b0168041_19433157.jpg
b0168041_19434238.jpg
枯淡 ─すぎゆく茶陶─
~日本のはじまりの淡路島でもう一度茶陶を見つめなおす~
陶芸家:池西 剛 ・ 石山 哲也 ・ 今西 公彦 ・ 大前 悟 
期間:1月19(水)~1月23日(日)
時間:11:00~17:00
会場:樂久登窯
お問い合わせ先:ギャラリー枯淡

お茶BAR in 樂久登窯
茶席:寺内 宥孝
茶碗:池西 剛 ・ 石山 哲也 ・ 今西 公彦 ・ 大前 悟
割烹料理:吉田 忠司
器:西村 昌晃
内容:割烹料理+茶会 (会費3,500円) 限定20席(要予約)
日時:1月23日(日)13:00~
お問い合わせ先:ギャラリー枯淡TEL:080-2433-1181

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

潮音寺では、篆刻家であり書家の南岳杲雲先生による『南岳裕史・南岳杲雲 父子展』が・・・。
南岳裕史・南岳杲雲 父子展
1月16日(日)~23日(日) 午前10時~午後5時

荘厳の宴
1月22日(土)
お茶席 午後3時より
書・御詠歌・宗教舞踊  午後6時より

会場:高野山真言宗 潮音寺 兵庫県淡路市仮屋328-1
TEL :0799-74-2112

詳細はそれぞれリンク先のページをご覧いただければ幸いです。
皆さん、本当に刺激的に活動され、またそれがリンクし相乗効果にて島を活性化されています。

文化とは学術、芸術、技術・・・この三術』 -梅棹 忠夫-
文化立国とは・・・学術、芸術、技術の相互産術であり、文化にこそ日本の新しい発展の道がある。
まさしくいろんな‘術’の集合体・集大成をもって、文化立島として地域再生をはかる時ですね。
瓦も一つの‘術’を担う産業として頑張らないと^^

ぜひぜひ冬の淡路島で、そんな三術の台頭を体感してみてください。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-01-18 20:36 | 瓦人 | Comments(4)
Commented by ケータロー at 2011-01-18 21:46 x
稽古今照という意味では和瓦と相通ずる部分がありますね。
観て感じてその良さを知りうる場、こういうイベントって大事ですね。

今日はお誘いありがとうございました。
想いを手法に変えるヒントがいろんな方から知りうることができました。
やはり、その分野の専門家さんからのアイデアは大事ですね。

さぁ、これからですよ~!
Commented by 瓦人 at 2011-01-18 23:03 x
ケータローさん
ホントに皆さんの活動力には感心されられます。
お互い本業に追われてる場合じゃありませんね、ホントに^^;
でも、本業があってこそなんですよね、お互い(*^_^*)

いろんな人と出会うのは財産です。
やがて‘糧’となり、何かしらのチカラとなるでしょう~。
さぁ、頑張りますか(^.^)/~~~
Commented by じゅんべー at 2011-01-19 12:50 x
やはりこちらのイベントですね!
行かなきゃ!

昨日は、ほんとにありがとうございました!
もっとじっくり時間を作ってあの席に挑むべきでした!すんません!
次回もぜひお誘いを!よろしくお願いします!
Commented by 瓦人 at 2011-01-19 19:39 x
じゅんべーさん
いえいえ、お忙しいところお呼び立てして申し訳ありませんでしたm(__)m
個人的なコト、全体的なコト・・・バランス良く考えることが、より良い地域再生に繋がります。
またそんな機会とご縁を大事にしていきましょう~。
楽しい展開になればエエね~(^.^)/~~~
<< 一つ(一軒)、また一つ(一軒)・・・ 止まったままのトキ・・・ >>