景観と景観法の相関関係

b0168041_20563057.jpg
リアル‘犬矢来’が軒並み続く京都・・・素晴らしい文化の名残だと思います。

鴨川のほとりにて・・・どうしてもセピアの情景として撮ってしまうのはなぜでしょう?
b0168041_20465950.jpg
平日だろうが本当にたくさんの観光客の往来が続きます。
この京都のように、昔はどこも日本の町並みは美しかった(情緒があった)はず・・・。
そしてそれはまた、それぞれの土地らしい物語に彩られた景観を維持していました。
これを取り戻そうと、どうして今の多くの日本人は思わないのでしょう・・・。
b0168041_20512285.jpg
セピアが本当のセピアのままとして終わってしまわないように・・・。
この風景に美しい彩りを取り戻すのは、木であり、土であり、紙であり、石であり・・・そして、いぶし銀の瓦であり。
瓦師として頑張りま~す(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-02-28 20:59 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by ケータロー at 2011-02-28 21:12 x
お~、これは淀川水系の鴨川からの風景じゃないですか~(違ってたらスンマセン)
奥の鉄コンのビルとのギャップがまた・・。
10年後、どちらがなくなってきているか・・言うまでもありませんね。
Commented by toki at 2011-02-28 22:22 x
鴨川、
生まれた時から見なれた景色。でもセピア色で見るのは初めてです。
なんかちがうとこみたい、、、。

京都も確実に瓦屋根が減ってきていて、とても寂しいです。
そんな中、新築に瓦を葺いてはるとこを見ると嬉しくなります☆

こんなことを聞いたことがあります、
「京都の景観を守っているのはよそから来た者達だ、京都人が景観を守ろうと思っていれば、こんなにビルが建つことはなかったであろう。」 

まさにその通りですね。
聞いた時は衝撃的で、いまだに忘れられない言葉です。

今からでも遅くはない、地元民の意識を変えたいです。



Commented by じゅんべー at 2011-03-01 02:12 x
さまに京都な風景~☆
ですが、うしろの鉄筋コンクリートな風景があるのも実際の所ですよね~。。
なかなか全部が全部って訳には行かないもんなんでしょうねぇ~。。
tokiさんのコメントを見て、そっちに気がいってしまいました^^;
法律で縛らなくとも…そんな地域って今はいずこに~!
心惹かれるそんな風景と出会ったら、ぜひぜひまた見せて下さいね~!よろしこ^^
Commented by 瓦人 at 2011-03-01 19:30 x
ケータローさん
そうなんです、この背後のビル群とのギャップが面白くて撮りました。
昔はこの背景はなかったんでしょうね~。
そう想像するとホント風情ある家並みですね。
10年後・・・もちろんこの前景が勝ち残っていることを期待して(*^_^*)
Commented by 瓦人 at 2011-03-01 19:36 x
tokiさん
コメントありがとうございます。京都の方なんですね(*^_^*)
生まれた時からこの景観に包まれて・・・羨ましいです。
でもその言葉・・・同じく衝撃的です。
差はあっても、どこの地域にも当てはまるような・・・。
京都は我々のような視点から客観的に見てもブランド力が圧倒的です。
それは一種の憧れでもあります。
そんな全国や世界からの羨望と尊敬の眼差しが、意地でこの景観を残してくれているんでしょうか^^
地元の人の意識って大切ですね。
灯台もと暗し・・・ぜひ京都人みんなで、羨望と尊敬を、その羨望と尊敬のまんま維持出来るよう頑張ってください。
Commented by 瓦人 at 2011-03-01 19:39 x
じゅんべーさん
まさに京都景です~(^.^)/~~~
時代の流れもあり、すべてそのまま残すのは難しいでしょう。
でも、残すべきものと変化をヨシとするものの選別を大事にしてほしいですね。
普通~の感性でいいと思うんです。
日本人ならば、良いものと悪いもの区別はつくはずだと信じたいですね☆
<< 町おこしは人おこし・・・ ran-ran ひな祭り >>