痕跡、遺物、名残、足跡・・・

b0168041_2020427.jpg
京都にあった瓦屋根の連続風景は、歴史の積層風景でもあり、そして地域で紡がれる物語のそれでもあり・・・。
日本人として素直にイイと思える風景は、いついつまでも残していきたいですね。
理想は、古きを守ることだけではなく、新しく創出していくことなのですが・・・。

同じく京都にあった瓦工場跡・・・往年の活気は見る影もありません。
b0168041_2030535.jpg
b0168041_2031559.jpg
各地で瓦製造を営まれていた人々は、そのほとんどが瓦施工業者へと転身されている例が多いです。
おそらく全国各地にあった、瓦を焼く達磨窯から黒煙立ちのぼるその当時の活気ある風景を実際に見たかったものです。

痕跡、遺物、名残、足跡から、想像できるだけ想像してしまいます。
伝える、残す・・・ってホントに難しいことですね。

今日はとても疲れたような・・・・・・・・・・・・(+o+)
ランチのタイミングを逃しかけ、なんとかたどり着いた京都のびっくりドンキーでは・・・
b0168041_20383068.jpg
無意識に甘味モノをオーダーしていました(^^ゞ
さぁ~明日も痕跡、遺物、名残、足跡に想いを馳せるだけではなく、未来を創造するべく頑張ります☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-03-09 20:43 | 瓦人
<< ここは‘日本’でした☆ リアル*リアル >>