淡路島かるた・・・

b0168041_18141115.jpg
久住さんからの依頼で・・・先日積み上げた瓦垣が朝日を浴びる頃の写真を送ります。
どこかの現場で提案してくれないかな~。土と瓦・・・どこまでいっても切っても切れない縁であるべきですね。

今日はまるで夏を思わせるほど・・・工場任務では汗だくでした(^^ゞ
そんな合い間の手仕事・・・またまたオーダーが入った「足型命名書~はじめの一歩~
b0168041_18194831.jpg
手とヘラ一本で仕上げました。
生まれたばかりの小さな小さな赤ちゃんの足・・・土を扱うのにも自然と微笑んでしまいます(*^_^*)
大切な想いの込められたご依頼・・・しっかりと焼き上げたいと思います。
瓦で象るオンリーワンのメモリー・・・喜んでいただければ嬉しいですね。

さてさて、今日は素晴らしい品をご紹介します。
b0168041_1825521.jpg
淡路島かるた」・・・
淡路島在住の高谷順子さんが、イラストも含めてすべて手作りされた淡路島のすべての価値を綴ったかるたです。

 江井の町 香りは江戸の 昔から」
 急斜面 冬化粧する 水仙峡」
 建築の 要を担う 屋根瓦」
 早春に いかなご追う船 追うカモメ」
 天然の 色と食感 桜鯛」
 麦わら蛸 風にまかせて 天日干し」
 夕日映え 棚田の水面 幾何模様」

淡路島全島のあちこちにゆかりのある素晴らしいイラストと五七五の言葉が続きます。
ぜひとも淡路島のすべての子供たちの手に渡ってほしいです。
子供ならず大人にも、もう一度、いや今だからこそ‘故郷再考’のため手にしてほしいです。
全国各地すべての土地にて、こんなかるたが作られればいいと思います。
今だからこそ・・・、こんな時代だからこそ・・・。

故郷は 近くにありてこそ なお強く想うべきもの・・・
その地に住む人だからこそ、その地にしかない価値を知るべきであり
その地に住む人だからこそ、その地にしかない価値を伝えるべきであり
その地に住む人だからこそ、その地にしかない価値を未来へと繋げるべきであり
その地に住む人だからこそ、その地にしかない価値を新たに創り出すべきである

ギャラリー土坐にて販売しています。数が限られているのでお早めに(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-04-07 18:44 | 瓦人
<< 花の季節です^^ 桜絵巻・・・ >>