山と桜と風格(品格)と・・・

b0168041_17413867.jpg
ギャラリー土坐に来られる人が増えると、monokawaraも自然と出ていきます^^
島に響く音色をデザインとして象った島音坐も人気があり、まとめて買っていかれる方が多いです。
ということで・・・なくなったら作れってことで、時間を見て出来るだけ仕込んでいきます。
そんな人々との接触の繰り返しから、瓦に親しみを持っていただけていることが手に取るように分かります。
やがては屋根へと・・・日本の原風景再生は、深い意味で着実なる一歩を歩んでいます。

先日、雨の日・・・山の桜の風格・品格と出会いました。
b0168041_1749223.jpg
とってつけたような景観コントロールのもとで咲く桜とは違い、
変わらぬ原風景を維持しているであろうことが容易に想像できる、
地に足ついた、まさしく生き生きとした姿でした。
絵になる風景とは、こんな桜のある景のことをいうのでしょう・・・。
b0168041_1756545.jpg
なお雨は止まず・・・、ちょうど雲に包まれるかのように山特有のガスがたちこめ、
ノスタルジーを絵に描いたような、彩度の失われた風景と出会いました。
改めて・・・日本は美しい国ですね(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-04-14 18:02 | 瓦人
<< ここは美しき花の島・・・ 前向きなことを議論する人々・・・ >>