lifelong job -生涯の仕事-

b0168041_20154197.jpg
7時過ぎの明石海峡・・・それにしても今朝まで降り続いた雨は冬のそれでした(~o~)

加古川市にて・・・親方と一緒に大工さんの工房へと打ち合わせにお邪魔しました。
b0168041_2018538.jpg
b0168041_20181584.jpg
b0168041_20182578.jpg
b0168041_20183669.jpg
かっこいい仕事風景です^^ 本葺きで施工予定の神社の門・・・そろそろ大工仕事が本格化していきます。
プレカットの木材に見慣れてしまうと、こうした作業風景にとけ込む‘木’こそ、活きていると実感します。
光を浴びるたび、湿気を吸うたび表情を変え・・・土と同じく力強い鼓動を感じます。

ここ日本の手仕事はすべて美しい・・・そんな現場には、人を魅了するオーラが充満します。

子供たちって、こういう仕事風景を見て‘夢’を持つんですよね。また大人を尊敬するんですよね。

同じく伝統技術・産業を担う立場・・・しばらくの時間、大工さんといい話が出来ました。
「今、この木を触る仕事に就けていること自体が幸せです。」
「こんな仕事をさせていただいていること自体、すべてご縁の賜物・・・。」
「良くも悪くも、生涯の仕事として覚悟を決めて臨めていることに感謝です。」

一言一言が重く、また心地良いものでした。
そんなメッセージ・・・これからは如何なる表現手段をもってしても、一人でも多くの人に伝える努力をしていかないといけませんね・・・というところで同調できました。
作業の進み具合が楽しみです。瓦の出番も楽しみです(*^_^*)

西日に照らされた初夏景・・・気付き、しゃがみ込んだこと自体に、ココロのゆとりが生まれたことの証しを感じた火曜日でした^^
b0168041_20351237.jpg
b0168041_20352471.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-05-24 20:38 | 瓦人
<< 恵みのすべてを・・・ 炎と戯る・・・ >>