organic design

波詩-nami uta- 光ある恩恵 ⇒ 「as usual ~日本色~


今日はいつもよりほんのちょっと早く・・・光溢れる6時過ぎの鳴門海峡です^^
b0168041_1940162.jpg
結局、そのまま雨空へと・・・で、向かったのは土佐です。
以前チラ~っと試作段階を紹介していましたが、土佐の親方からご相談いただいた特注いぶし瓦・・・
土の素材感と炎の痕跡を瓦に表現した炭化古色仕様の物件が、いよいよ工事にかかっていました。
b0168041_19431614.jpg
b0168041_19432673.jpg
雨の中の風合い確認・・・かなりイメージ通りでした(*^^)v
とってつけたような複数色の瓦の混ぜ葺きとは違い、本格的な経年変化を表現出来ています。
感性の問題なので好き嫌いは人それぞれとして、レトロ&モダン・・・個人的には理想の風合いです。

空を映し、光を遊び、陰影で魅せ、風を流す・・・和瓦のシルエットは、まさしく自然とともにあり、
また用の美ともいえる、成るべくして成った不変のデザイン・・・いわゆるorganic designなんです。

organic design
植物や波など自然界の曲線を取り入れたデザイン。
自然の営みに身を任せたときに感じる安らぎや心地よさを形にしたものであり、
直線など人工的な形状を極力排し、自然と人間が調和する形状にしたものである。
b0168041_19522443.jpg
課題はまだまだありますが、一つの選択肢として和瓦メーカーからの提案です。
採用していただいた親方の遊び心と、また現状を打破せんがための向上心に感謝ですm(__)m
こちらは鬼瓦も含め、まだまだ遊び心満点・・・今日はチラ出し程度にしておいて、全貌はまた完成後に☆

そんな現場打ち合わせのあと、ご一緒させていただいたランチも‘organic’・・・とうふ家さんでのオール豆腐料理です^^
b0168041_19572175.jpg
b0168041_19573294.jpg
ジェラートももちろん豆腐・・・なんともカラダに優しいランチでした。
早起きするといっぱい徳(得)があります・・・親方ご馳走様でした(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-05-27 20:02 | 瓦人 | Comments(6)
Commented by のり姉 at 2011-05-28 17:00 x
一人ぼっちのロンリー瓦人ちゃん。寂しいもんどうし夜中に一緒にかるたしましょう~(≧∇≦)
ケータローちゃんがおにぎりの差し入れ持って撮影会に誘いに来たらその時はお声をかけてくださいませ。

豆腐づくしのランチそそられる~!美味しそう~
ただ今アイスクリームメーカーを買おうか迷ってるのよね~
とうふのアイス作ってみたいな。

イベントでは司会お疲れ様です!
第一回目のイベントの時はメルボルンから「すごいな~!」
「この場に行きたかったな~」って見ていたけれど
今回はこの目と舌と心を楽しませてもらえ人生の記憶にずっと残る大きな1ページになりました。瓦人ちゃんたちの存在は移住を決意するのに引き金になったんだって思います。
そして、移住してきて本当に良かったと毎日のように感じるこの淡路島、人との出会いに感謝です
Commented by 瓦人 at 2011-05-28 18:49 x
のり姉さん
お〜ストイックなかるたですね〜(T ^ T)
でもそんな大人のシュールな時間も必要です。何よりも語り尽くす時間・・・大切です。
さあ、ケータローさんに一晩分のオニギリ仕込んでもらわないと(笑)
この豆腐のお店はイイですよ〜。いっつも駐車場は満車です^^
医食同源・・・これからのキーワードは間違いなくこれですね☆
ということで、深夜のカルタ大会までにはアイスクリームメーカーの仕入れ、よろしくお願いしますm(_ _)m
で、で、イベントへの参加ありがとうございました〜(*^_^*)
記憶に残るような価値を提供・・・いやいや共有できて幸せです。
どこでどんなご縁があるか分かりませんね。でも、すべて必然のような・・・^^
こんな楽しい取り組みが続いて、また増えてくれば、淡路島人口増加プロジェクトも大成功ですね〜。
いやいや、やっぱりあえてここは仲間だけで楽しみましょうか(笑)
これからも出会いが繋がればイイですね(*^_^*)
Commented by kuni709 at 2011-05-28 20:48 x
今晩は、昔、神戸市に説得に言った思い出があります。谷崎潤一郎の移築工事で、どうしても古い瓦を使って欲しいという依頼があり、三州の丸栄さんで、別注で焼いていただき施工した覚えがあります。私の4月17日のブログに載せてあります。その当時の物よりも面白く出来上がっていますね。拍手です。
Commented by 瓦人 at 2011-05-28 22:59 x
kuni709さん
こんばんは〜^^
その記事は憶えてますよ〜。素晴らしく魅力的なメーカーですよね。
こちらはそれに比べれば、吹いて飛ぶような小さな窯元です。
この古色仕上げも、三州の実力メーカーによる技術の結晶的結果などではぜんぜんなく、
実はかなりカジュアルな製法です^^;
現状の設備をそのまま活かし、身の丈に応じたちょっとした工夫でできるものです。
自慢できるものではありません^^;
大切なのは、おっしゃるように、楽しく面白いと思って取り組めているかどうか・・・。
ホントに完成が楽しみです。
また、ご提案・・・よろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by kuni709 at 2011-05-29 08:06 x
おはようございます。又、昔ですが、昔は、価値を解ってくれる人が沢山いました。私もその部類とは思いますが・・・・(自分でゆうな)。今はギリギリの切羽詰った商売を皆がしているようです。私が職人をしているときには、親方によく言われました『KUNIお金のことは言うな。お金は遣った事に対して付いてくる物や』と、その師匠も昨年亡くなりました。時価という看板も段々見なくなってきましたね>?<。本当の商売は、買い方が価格を付けるのが商売です。現にあるところへ行けば、ウインドに価格が載っていないところもあります。過去は人が人を信用しお互いが成り立っていたような気がします。今は何が売れても同じ=どこで息がつけるんかと思います。本当に表現が難しい世界と思います=技術が必要で無くなったからでしょうか?(p_q*)シクシク
Commented by 瓦人 at 2011-05-30 06:49 x
kuni709さん
おはようございます^^
そうなんです、これからは価値や物語にお金を出してもらう時代なんです。
再び・・・って感じですかね。
時代は繰り返すと言いますが、いい繰り返し方をしたいですね。
変化も必要、また普遍(不変)も必要・・・ようはバランスです。
すべての人を同じ価値感へと集約するのは無理でしょう。
一人ずつ・・・分かってもらうよう努力していくのみですね☆
<< 「瓦と土で出来る限り建築を遊び... monokawara >>