一つの脩景事業です^^

b0168041_17513174.jpg
仕事場にある人間臭い風景です。(コンテナに白地を積み込むための深さの目安です^^)
設備はある程度近代化しましたが、モノ作りにはやはり人の経験値が欠かせません。
今日はトラック野郎も久しぶりにトラック任務・・・ということで、代わりに工場で作業中に気になった‘感性価値’です。

こちらは地元のリフォーム現場・・・木・土・紙・石の建築の継承です。
b0168041_17574468.jpg
b0168041_17591372.jpg
見事な風景に、まさしくあるべき姿でとけ込む建築とは、やはり木と土の建築です。
b0168041_1812599.jpg
昔から続く景観を継承する取り組みが、ごく自然なスタイルとして進められます。

職人たちの仕事には、持続可能性、地域循環、自然素材の結集、土地にやさしい暮らし・・・
そんな、今まさに大切な取り組みが自然と体現できていたりします。
しかも黙して語らず・・・職人気質はカッコイイですよ(*^_^*)

修景という言葉があります。
「都市計画・道路計画などで、自然の美しさを損なわないように風景を整備すること。」
その風景を構成する建築の在り方にも、修景というルールが必要だと思います。
その修景を実現できるのは、やはり日本の職人なんですよね。
おかげさまで、ここもまたいい風景になりますね^^

※夏祭りのお知らせです^^
明日7/30(土)は、南あわじ市市民まつり「第33回 慶野松原花火大会」です☆
b0168041_19272527.jpg
テーマは「☆ HEARTFUL HANABI ☆」 慶野から、日本を、花火で、元気に。です^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-07-29 18:29 | 瓦人 | Comments(2)
Commented by cafecampagne at 2011-07-30 10:03
ホッとする風景の一こまですね^^
Commented by 瓦人~gajin~ at 2011-07-30 16:27 x
cafecampagneさん
そうそう、なんか懐かしいでしょ♪
都会の人の深層心理にもある原風景・・・残していきたいですね^^
<< Strong!! presentation能力の... >>