にわのあかりproject 2011☆

b0168041_18541338.jpg
夏休みに入り、連日体験瓦コースター作りのお客様たちで賑わっているギャラリー土坐です^^
こちらの写真は・・・兵庫県の広報課の方による取材を兼ねた体験です☆
県下全域、いろんなところを巡られて情報発信に尽力されていますが、今回土坐をご紹介いだたけるそうです。
地産地消・・・まずはその地の人がその地にしかない価値たちを再認識することから町は元気を取り戻します。
たくさんの人に来ていただければ嬉しいですね。
吉田さ~ん、焼き上がりをお楽しみにね~(*^_^*)

b0168041_192428.jpg
もう一カ月を切りました、京都の㈱大佛さんからのお声掛けにより参加する、神戸相楽園での「にわのあかり2011」・・・
以前、下見の際に撮った現場写真を加工してイメージ制作です。
b0168041_1922548.jpg
文化財建築に囲まれたなか、銀河をイメージした瓦畳にいざなわれ瓦の壁へと続きます。

テーマは「瓦のある光景」
concept : 誰れの記憶にもある日本古来からある風景、その必需品である瓦屋根の連なりが織り成す陰影の妙。
         その瓦の普遍的デザインを背景に多様な日本の粋を映しだし、
         溶け合う化学反応の美しさに、改めて日本文化の奥ゆかしさを知る。

瓦と光・・・互いがもっともパフォーマンスを発揮するのは、やはり和瓦とそれが連続し織りなす甍(いらか)が生み出す陰影の妙。それだけでも存在感のある瓦スクリーンに、和の素材を意識しつつデジタルワークスで創りあげたクリエイティブな映像を映そうと考えています。影絵的なもの、風流な和の粋をイメージしたもの・・・さて、どんなものが出来上がるのか楽しみです☆
※今の時点でまだ試写もしていないので、瓦スクリーンに映し出せるかどうかがまず心配ですが(^^ゞ

女子2~3名も含めた生まれたてのteam kawaraプロジェクトチーム‘iroiro-kawara’でも、これも含めた打合せを重ね、昨夜も終わったのが22時(~o~) みんな熱いです☆
もうここにきて切羽詰まった感も否めませんが・・・なんとかカタチにしたいと思います。
このteamでは、これからいろんなプロジェクトに挑戦していきたいと考えています。
みんなとてもクリエイティブ・・・これからどんなモノやコトが生み出されていくか楽しみです♪
夢舞台で秋に予定されている[夢コレクション2011]-あわじアルチザンフェスティバル-でも、このteamとして瓦というものを表現するチャンスをいただいています。メッセージ・・・伝播するといいな~(*^_^*)

※GALLERY 土坐 -tsuchiza-からのお知らせ ⇒ [お盆休み中の営業案内です]
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-08-02 19:39 | 瓦人
<< 平成23年夏景・・・ 世間は夏休み期間中です・・・^^ >>